KYF32

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
au かんたんケータイ KYF32
キャリア au
製造 京セラ
発売日 2016年7月30日
概要
OS Android 5.1.1
CPU Qualcomm
Snapdragon 210
MSM8909
1.1GHz(クアッドコア)
音声通信方式 3.9GFDD-LTE
au VoLTE
(N800MHz専用)
データ通信方式 3.9G: FDD-LTE
au 4G LTE
(N800MHz専用)
形状 折りたたみ式
サイズ 116 × 51 × 18.1 mm
質量 137 g
連続通話時間 約490分
連続待受時間 約400時間
充電時間 約120分
バッテリー 1410mAh
(取り外し可能)
内部メモリ RAM:1GB
ROM:8GB
外部メモリ microSDHC(最大32GB・KDDI公表)
日本語入力 iWnn
FeliCa なし
赤外線通信機能 あり
テザリング なし
Bluetooth なし
放送受信機能 なし
備考 製造国:日本の旗 日本
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 FWVGA
(480×854ドット)
サイズ 3.4インチ
表示色数 約1677万色
サブディスプレイ
方式 FSTN液晶
解像度 96×96ドット
サイズ 1.4インチ
表示色数 単色
メインカメラ
画素数・方式 800万画素CMOS
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
ピンク
ゴールド
ブルー
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

かんたんケータイ KYF32(-ケーワイエフ サンニ)は、京セラによって日本国内向けに開発された、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話第3.9世代移動通信システムau 4G LTE/au VoLTE)対応フィーチャー・フォン携帯電話)である。

概要[編集]

簡単ケータイ K012(KY012)の全面改良モデルで、一連のかんたんケータイ(旧・簡単ケータイ)シリーズとしては初となるLTEを利用したデータ通信、およびVoLTEを利用した通話サービスに対応している。また、プラットフォームにはこれまでのKCPに代わり、既存のスマートフォン用プラットフォームで知られるAndroidを基にかんたんケータイ専用に開発されたカスタムプラットフォームが搭載されている(いわゆるガラホ)。なお、本機種は日本国内での3G(CDMA2000 1x)エリア(au 3G)による音声通話(CDMA2000 1xRTT)、およびデータ通信(1xEV-DO Rel.0/Rev.A/MC-Rev.A)、国際ローミングサービス(W-CDMA網、およびGSM網)などにそれぞれ非対応のほか、更に児童向けスマートウォッチウェアラブル端末)型フィーチャーフォンのmamorino Watch(ZTF31)同様、日本国内における2GHz帯エリアサービスにも非対応となる。

KDDIのLTE対応フィーチャーフォンではAQUOS K SHF31/SHF32GRATINA 4G KYF31、mamorino Watch、AQUOS K SHF33に続く6機種目となる。

既存のKYF31をベースに60代後半以降のシニア層の多くがまったく必要としないWi-Fi無線LAN)やFelicaおサイフケータイ)、ワンセグau世界サービス(国際ローミング。旧名称・グローバルパスポート)、Bluetoothau MarketLISMO(音楽プレイヤー)、LINEなどの多くの機能・サービスを割愛し、競合ブランドとなるNTTドコモらくらくホンシリーズ[1]同様、主に通話とメール、カメラなどといった実用上、必要にして十分な機能・サービスだけに集約しているのが本機の大きな特徴となっている。

上記の通り、外部アプリをユーザーが自らインストールすることはできず、2017年4月現在の時点において、mamorino Watchを除く一連のKDDIのLTE対応フィーチャーフォンでは唯一のWi-Fi非対応機種となる。

VoLTEに対応することから、既存ユーザーはau ICカードの交換(au Nano IC Card 04 LEへの交換)が必要となる。

当機種はSIMロック解除の義務化開始後に発売された機種であるが、日本国内の周波数帯専用音声端末扱いとなるため先述のmamorino Watchや後発のmiraie f(KYV39)同様、SIMロック解除に関しては非対応となる。

キャッチコピーは「見やすく・聞きやすく・押しやすく。安心快適な使い心地」。

沿革[編集]

  • 2016年(平成28年)7月28日 - KDDI、および京セラより公式発表。
  • 2016年7月30日 - 日本全国にて発売開始。


搭載オリジナルアプリ[編集]

  • au ID 設定
  • auナビウォーク
  • au災害対策
  • 安心アクセス for 4G LTE ケータイ
  • auバックアップアプリ

主な機能・対応サービス[編集]

※かんたんケータイ専用のカスタムブラウザが標準装備されている。携帯向けサイト(EZWeb)、およびPC向けサイトはそれぞれ閲覧不可。

  • すぐ文字
  • スマートソニックレシーバー
  • カスタムメニュー
主な機能・対応サービス
Google Play
Webブラウザ
LINE
(au 4G LTEケータイ専用版)

auスマートパス
(au 4G LTEケータイ専用版)
LISMO!
for Android

(au 4G LTEケータイ専用版)

メディアプレイヤー
(音楽再生/動画再生対応[2]、音声出力はステレオ出力対応[3]
LISMO WAVE
おサイフケータイ
NFC
おくだけ充電(Qi
ワンセグ
フルセグ
DLNA/DTCP-IP
PCメール
Gmail

EZwebメール
SMS
デコレーションメール
デコレーションアニメ
Friends Note PCドキュメント
au Smart Sports
Run & Walk
Karada Manager
ゴルフ(web版)

歩数計
GPS
方位計
au oneナビウォーク
au one助手席ナビ
au one ニュースEX
au one GREE
かんたんメニュー
じぶん銀行
緊急速報メール Bluetooth 無線LAN機能
(Wi-Fi)
赤外線通信 au VoLTE
(シンクコール非対応)
au 4G LTE[4]
CA非対応)
WiMAX 2+
au世界サービス auフェムトセル
auシェアリング
microSDHC
microSDXC
モーションセンサー(6軸) 防水
防塵
耐衝撃
簡易留守録
着信拒否設定


関連項目[編集]


注釈[編集]

  1. ^ 全て富士通製。ただし、こちらは2016年7月現在の時点では全て3G専用となっていたが2017年冬モデルのF-02Jよりようやく4G・VoLTE化され、プラットフォームもSymbian OSベースからAndroidベースに変更された。
  2. ^ 対応するファイル形式は音声が.3gp.mp4.m4a.aac.ts.3g2.amr.flac.mp3.mid.xmf・.mxmf・.rtttl・.rtx・.ota・.imy・.ogg.mkv.wavに対応し、動画が.3gp・.mp4・.ts・.webm・.mkvに対応。ただし着うた着うたフル等に見られるデジタル著作権管理(DRM)が付与されたファイルは再生不可能となる。なお、本機に音声・動画の各種ファイルを取り込む場合は別途、USB2.0対応USB A - microB接続ケーブルとWindows Media Player 11、またはWindows Media Player 12がインストールされたWindowsVista/7/8/8.1/10)搭載PCがそれぞれ必要となる。
  3. ^ 別売の「microUSBステレオイヤホン変換アダプタ01(0301QVA)」を接続する事によりステレオ音声出力に対応となる。ただし、変換アダプタ接続を含むイヤホン接続時はACアダプタ等を使用した端末本体の充電が利用不可となるので注意。
  4. ^ 受信:最大75Mbps/送信:最大25Mbps

外部リンク[編集]

先代:
シンプルスマートフォン
BASIO KYV32

スマートフォン京セラ
かんたんケータイ/
BASIOシリーズ
かんたんケータイ
KYF32

フィーチャーフォンガラホ)。京セラ製
次代:
BASIO2 SHV36
※スマートフォン。シャープ