SCL23

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
au GALAXY S5 SCL23
Samsung Galaxy S5 logo.svg
Samsung Galaxy S5.png
グローバルモデルとしてのGALAXY S5
(au版は画面上部のサムスンのロゴがない)
キャリア au
製造 サムスン電子
発売日 2014年5月15日
概要
OS Android 4.4
→Android 5.0[1]
CPU Qualcomm
Snapdragon 801
MSM8974AC 2.5GHz
(クアッドコア)
音声通信方式 3G:CDMA2000 1xMC
CDMA 1X
(新800MHz/2GHz)
W-CDMA
(850MHz/2GHz)
2G:GSM
(1.9GHz/1.8GHz/900MHz)
データ通信方式 3.9/4G:
FDD-LTE/LTE-A/WiMAX 2.1
au 4G LTE/au 4G LTE CA/WiMAX2+
(新800MHz/2.1GHz/2.5GHz)
3.5G:CDMA2000 1xEV-DO MC-Rev.A
WIN HIGH SPEED
CDMA2000 1xEV-DO Rev.A
CDMA 1X WIN
CDMA2000 1xEV-DO Rel.0
(CDMA 1X WIN)
UMTS
W-CDMA
3G:CDMA2000 1xMC
(CDMA 1X)
その他:無線LAN
(IEEE 802.11a/b/g/n/ac 5GHz/2.4GHz)
形状 ストレート型
サイズ 142 × 73 × 8.3 mm
質量 約147 g
連続通話時間 約1170分
連続待受時間 約480時間(3G)/約450時間(LTE/WiMAX2+)
充電時間 約100分
バッテリー 2800mAh
(交換可能)
内部メモリ ROM:32GB
RAM:2GB
外部メモリ microSD
(最大2GB・KDDI公表)
microSDHC
(最大32GB・KDDI公表)
microSDXC
(最大128GB・KDDI公表)
FeliCa FeliCa/NFC
赤外線通信機能 あり(リモコン操作のみ)
テザリング あり
Bluetooth 4.0[2]
放送受信機能 ワンセグ対応
外部接続 microUSB
USB3.0対応)
φ3.5mmステレオイヤホンジャック
備考 1. LTEはキャリアアグリケーションに対応
2. 最大192KHz24bitによるハイレゾ音源の再生機能に標準で対応
3. SAR値[3]
0.047W/kg(側頭部)
0.068W/kg(身体装着時)
4. 製造国:韓国の旗 韓国
メインディスプレイ
方式 SUPER AMOLED
解像度 FHD
(1920×1080ドット
サイズ 5.1インチ
表示色数 約1677万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約1600万画素裏面照射型CMOS
機能 手ぶれ補正機能
2160p動画撮影
顔認識
サブカメラ
画素数・方式 約210万画素画素CMOS
機能 ハイビジョン動画撮影
カラーバリエーション
シマリーホワイト
チャコールブラック
シャンパンピンク
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

GALAXY S5 SCL23(ギャラクシー エスファイブ エスシーエル ニーサン)は、韓国のサムスン電子(輸入元:サムスン・テレコミュニケーションズ・ジャパン)によって日本国内向けに開発された、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話第3.5世代移動通信システムCDMA 1X WIN)、および第3.9世代移動通信システムau 4G LTE)、第4世代移動通信システムau 4G LTE CA/WiMAX2+)対応スマートフォンである。製品番号はSM-G900J

概要[編集]

SCL21の事実上の後継機種で、グローバルモデルであるGALAXY S5の日本国内ローカライズモデルとなる。

GALAXYシリーズでは初めて指紋認証機能を備えており、ロックの解除やPayPalの決済の際にプライバシーを守ることが可能となっている。さらに、指紋認証センサーの下には心拍センサーも搭載されており、別売のウェアラブルデバイス「Samsung Gear Fit/Samsung Gear 2」と連携してユーザーの体調を管理する事ができる。

また、日本国内のGALAXYシリーズでは初となる防水防塵性能を備えており、ディスプレイ側の表面にはフッ素コート加工が施されている。

なお、au向けの2014年夏モデル中、唯一電池パックが別売りで用意され、ユーザーが自ら電池パックを交換することが可能である。

「Shimmery WHITE」・「Charcoal BLACK」・「Sweet PINK」の他にもオプションとしてアイ・オー・データ機器扱いで用意されているリアカバーを使用すれば国内モデルでは用意されていないelectric BLUEにすることもできる。[4]

フルセグ放送の受信には対応していない。

キャッチコピーは「そろそろ、次の世界へ。」。

搭載アプリ[編集]

その他機能[編集]

※PC向けWebブラウザが標準装備されている。携帯向けサイト(EZWeb)は他のスマートフォンやPCと同じく閲覧不可。

主な機能・対応サービス
auウィジェット
Webブラウザ
LISMO!
for Android

LISMO WAVE
ハイレゾ音源再生プレイヤー
(最大192KHz/24bit
おサイフケータイ
NFC
おくだけ充電(Qi
ワンセグ[5]
フルセグ
DLNA/DTCP-IP
au one メール
PCメール
Gmail
EZwebメール
デコレーションメール
デコレーションアニメ
Friends Note PCドキュメント
au Smart Sports
Run & Walk
Karada Manager
ゴルフ(web版)
Fitness、歩数計
GPS
方位計
au oneナビウォーク
au one助手席ナビ
au one ニュースEX
au one GREE
かんたんメニュー[6][7]
じぶん銀行
緊急速報メール Bluetooth 無線LAN機能
(Wi-Fi)
赤外線通信 WIN HIGH SPEED
au 4G LTE[8][9]
(アップデート適用後はCA対応となる)
WiMAX2+[10]
グローバルパスポート auフェムトセル
microSD
microSDHC
microSDXC
モーションセンサー(6軸) 防水
防塵
簡易留守録
着信拒否設定


沿革[編集]

  • 2014年2月25日(現地時間) - スペインバルセロナの携帯電話展示会「Mobile World Congress 2014」にてサムスン電子よりグローバルモデル発表。ただし、この時点では日本国内での販売は未定だった[11]
  • 2014年3月14日 - 連邦通信委員会(FCC)を通過[12]
  • 2014年5月8日 - KDDI、およびサムスン・テレコミュニケーションズ・ジャパンより公式発表。
  • 2014年5月15日 - 発売開始。

アップデート[編集]

2014年5月21日のアップデート[13]

脚注[編集]

  1. ^ Android™ 5.0へのOSアップデート予定製品について | スマートフォン・携帯電話 | au
  2. ^ 対応プロファイル:DI,PBAP,HOGP,PAN(PANUのみ),A2DP,AVRCP,HFP,HSP,OPP,SAP,HID,DUN
  3. ^ au電話の比吸収率について GALAXY S5 SCL23 - au(KDDI)
  4. ^ Galaxy S5専用 リアカバー | アクセサリー | Galaxy
  5. ^ 連続視聴時間:約8時間40分
  6. ^ 別途、au one Marketからのダウンロードにて対応
  7. ^ au one Market「かんたんメニュー」 - KDDI
  8. ^ 受信:最大150Mbps/送信:最大12Mbps(2GHz)
  9. ^ 受信:最大75Mbps/送信:最大25Mbps(800MHz)
  10. ^ 受信:最大110Mbps/送信:最大10Mbps
  11. ^ サムスン、「GALAXY S5」と「Gear」新製品を発表 - ケータイ Watch 2014年2月25日
  12. ^ FCC ID A3LSCL23
  13. ^ GALAXY S5 SCL23 アップデート情報 | 製品アップデート情報 | au2014年5月21日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
GALAXY S4 SC-04E
GALAXY S
GALAXY S5 SC-04F
GALAXY S5 SCL23
次代:
Galaxy S6 edge SC-04G
Galaxy S6 SC-05G
Galaxy S6 edge SCV31