SoftBank 204SH

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ソフトバンクモバイル シンプルスマホ SoftBank 204SH
キャリア ソフトバンクモバイル
製造 シャープ
発売日 2013年5月10日
概要
OS Android 4.0
CPU Qualcomm
Snapdragon S2
MSM8255 1.4GHz
音声通信方式 SoftBank 3GW-CDMA900MHz帯対応)
GSM
データ通信方式 3Gハイスピード(HSDPA)
EDGE
IEEE 802.11b/g/n(Wi-Fi)
形状 ストレート型
サイズ 約128 × 約64 × 約12 mm
質量 約130 g
連続通話時間 3G:約650分
連続待受時間 3G:約580時間
充電時間 約 220分
内部メモリ ROM:4GB
RAM:1GB
外部メモリ microSD
(最大2GB)
microSDHC
(最大32GB)
日本語入力 iWnn
FeliCa なし
赤外線通信機能 あり
Bluetooth 3.0[1]
放送受信機能 ワンセグ対応
メインディスプレイ
方式 TFT
解像度 WVGA
(800×480ドット
サイズ 4.0インチ
表示色数 約1677万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約490万画素CMOS
サブカメラ
画素数・方式 30万画素画素CMOS
カラーバリエーション
シルバー
ピンク
ネイビー
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

シンプルスマホ 204SH(しんぷるすまほ ニーマルヨンエスエイチ)は、シャープによって開発された、ソフトバンクモバイル第3世代移動通信システムSoftBank 3G端末である。SoftBank スマートフォンシリーズのひとつ。OSはAndroid 4.0を搭載している。

概要[編集]

008Zの後継機種だが、製造はZTEではなくシャープが担当している。PANTONE 107SHをベースに開発された。

UIは大きな文字や表示を基本としており、ブラウザなど一部のアプリでは虫眼鏡ボタンをタップすることで、自由に場所を選んで拡大表示が可能となっている。タッチ操作に関しては、「かんたん押し感タッチ」としてタッチしている場所を丸くポイント表示し分かりやすくしたり、バイブレーションと連動したりしてタッチ操作を判別しやすくしている。

メニューは同社の独自UIである「Feel UX」を高齢者向けにアレンジした「シンプルラインホーム」を搭載している。縦スクロールのみで完結するデザインで、主要な6つの機能のアイコンが最初の画面として表示され、下にスクロールしていくと詳細な機能がカテゴリーごとに表示される仕組みとなっている。

なお、本機種はGoogleアカウントを使用しない形態を取っており、Google Playには非対応となっている。故にアプリの追加は不可である。SoftBank 4G・おサイフケータイ・テザリングには非対応。

2014年3月からは障害者の社会生活を支援するサービスとして「アシストスマホ」のサービスを開始した。

搭載アプリ[編集]

その他機能[編集]

主な対応サービス
タッチパネル WVGA液晶 4.0インチ フルブラウザ SoftBank 4G/3Gハイスピード[2]
バッテリー容量 1460mAh テザリング WiFi GPS
490万画素カメラ ワンセグ デジタルオーディオプレーヤー(AAC)(WMA) おサイフケータイ
Bluetooth 赤外線通信 緊急速報メール 防水/防塵

歴史[編集]

アップデート[編集]

2013年5月10日のアップデート
  • ホーム画面のお天気情報が更新されない場合がある不具合の修正[3]

脚注[編集]

  1. ^ 対応プロファイル:SDAP、GAP、SPP、A2DP、AVRCP、HFP、OPP、HSP、HID、PAN、HDP、PBAP
  2. ^ 受信:14.4Mbps/送信:5.76Mbps
  3. ^ シンプルスマホ SoftBank 204SHをご利用中のお客さまへ | SoftBank

関連項目[編集]

外部リンク[編集]