SoftBank 940SH

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ソフトバンクモバイル 940SH
キャリア ソフトバンクモバイル
製造 シャープ
発売日 2009年11月20日
概要
CPU U335
音声通信方式 SoftBank 3GW-CDMA
GSM
(850/1900/2100MHz(W-CDMA)
850/900/1800/1900MHz(GSM))
データ通信方式 HSDPA
IEEE 802.11b/g
形状 2軸折りたたみ型
サイズ 111 × 51 × 16 mm
質量 130 g
連続通話時間 200分
連続待受時間 340時間
充電時間 140分
外部メモリ microSDHC(16GBまで)
日本語入力 ケータイShoin9
FeliCa あり
赤外線通信機能 あり
Bluetooth Ver 2.1
放送受信機能 ワンセグ放送対応
連続視聴時間4時間30分
メインディスプレイ
方式 NewモバイルASV液晶
解像度 FWVGA
(854×480ドット
サイズ 3.4インチ
表示色数 1677万色
サブディスプレイ
方式 有機EL
解像度 (192×64ドット
サイズ 1.4インチ
表示色数 1色
メインカメラ
画素数・方式 1210万画素1/2.3型CCD
機能 オートフォーカス
手ぶれ補正
LEDフラッシュ
顔認識
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
フューシャピンク 
ブラック
ホワイト
ルミナスブルー
プレシャスゴールド
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

AQUOS SHOT SoftBank 940SH(アクオスショット ソフトバンク きゅうよんまる エスエイチ)はシャープが開発し、ソフトバンクモバイルが販売するW-CDMA通信方式の携帯電話端末。

特徴[編集]

回転2軸折りたたみ式ボディに、シャープが開発した約1210万画素CCDデジタルカメラを搭載し、カメラ機能に注力したソフトバンクモバイル2009年度冬春モデルの高機能端末である。933SHにつづいて2機目のAQUOS SHOTケータイであり、コンパクトデジタルカメラ並みのカメラ性能が付加されている。NTTドコモSH-01Bau向けのSH006は兄弟機種に当たる。

メインカメラは、ProPixを搭載した広角28mmレンズで、撮像素子は約1210万画素CCDが奢られている。ケータイカメラとしては世界初とされる100枚連写機能が搭載されている。ケータイWi-Fi機能が新たに付加された。

主な機能・サービス[編集]

歴史[編集]

不具合[編集]

  • 2009年11月30日 - 無線LAN機能において、接続と切断を繰り返すとリセットする不具合
  • 同日 - アクセスポイント検索時に「アクセスポイント検索中……」の画面のまま、検索が終了しない不具合
  • 2009年12月17日 - 電源ONの状態で電池パックを外した場合などに、携帯電話の設定変更が反映されない不具合
  • 同日 - 発着信履歴やユーザー辞書などが保存されない不具合
  • 2010年1月29日 - Wi-Fi機能の利用状況によってまれに電源が再起動する不具合
  • 2010年3月19日 - 遠隔操作で端末のおサイフケータイ機能にロックをかけるリモートロックにおいて、「メールリモートロック」を利用する設定が、利用しない設定に変更されてしまう不具合
  • 2010年3月31日 - ICカード設定のメールリモートロックをON設定にしても、OFF設定に変更される場合がある不具合
  • ボタンの周りに気泡ができる不具合。最悪の場合キーがすべて剥がれる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]