SO-01G

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NTTドコモ Xperia Z3 SO-01G
Sony Xperia Z3.jpg
グローバルモデル
キャリア NTTドコモ
製造 ソニーモバイルコミュニケーションズ
発売日 2014年10月23日
概要
OS Android 4.4.4→5.0.2→6.0.1
CPU Qualcomm
Snapdragon 801
MSM8974AC 2.5GHz
(クアッドコア)
音声通信方式 3.9GVoLTE(LTE)
3GFOMA(W-CDMA)
2GGSM
データ通信方式 3.9GXi
3GFOMA(HSDPAHSUPA)
2GGSM
無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)
形状 ストレート型
サイズ 146 × 72 × 7.3 mm
質量 約152 g
連続通話時間 約1080分(LTE)
約810分(3G)
約740分(GSM)
連続待受時間 約750時間(静止時・3G)
約640時間(静止時・LTE)
約570時間(静止時・GSM)
充電時間 約155分[1]
バッテリー 3100mAh
内部メモリ ROM:32GB
RAM:3GB
外部メモリ microSD
(最大2GB・ドコモ発表)
microSDHC
(最大32GB・ドコモ発表)
microSDXC
(最大128GB・ドコモ発表)
日本語入力 POBox Plus
FeliCa FeliCa/NFC
赤外線通信機能 非対応
テザリング Wi-Fi:10台
Bluetooth:5台
USB:1台
Bluetooth 4.0[2]
放送受信機能 ワンセグ[3]
フルセグ(録画不可・データ放送対応)[4]
モバキャス[5]
FMラジオ
外部接続 microUSB
MHL 3.0
ヘッドセット接続端子
備考 実使用時間:81.0時間
メインディスプレイ
方式 TFT
トリルミナスディスプレイ for mobile
解像度 FHD
(1920×1080ドット)
サイズ 5.2インチ
表示色数 約1677万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約2070万画素裏面照射積層型CMOS
Exmor RS for mobile
機能 顔検出AF
4K UHD撮影機能
手ブレ補正
タイムシフトビデオ
ARエフェクト
サブカメラ
画素数・方式 約220万画素CMOS
Exmor R for mobile
機能 顔検出AF
4K UHD撮影機能
手ブレ補正
タイムシフトビデオ
ARエフェクト
カラーバリエーション
White
Black
Copper
Silver Green
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

ドコモ スマートフォン Xperia Z3 SO-01G(ドコモ スマートフォン エクスペリア ゼットスリー エスオーゼロイチジー)は、ソニーモバイルコミュニケーションズによって開発された、NTTドコモ第3.9世代移動通信システムXi)と第3世代移動通信システムFOMA)のデュアルモード端末である。ドコモ スマートフォン(第2期)のひとつ。

概要[編集]

Xperia Z2(SO-03F)の後継機種で、NTTドコモ向けのSony Xperia Z シリーズでは4代目となる。Xperia Z・Xperia Z1・Xperia Z2のデザインを継承し、画面サイズはZ2同様の5.2インチを採用。カメラに関してはZ2同等の「Exmor RS for mobile」(2070万画素)だが、新たにISO感度12800の高感度撮影に対応したほか、35mm銀塩カメラ換算の画角が27mm相当から25mm相当になり、より広角となった。

同社が発売するウォークマンシリーズの流れを汲み、他社製品と比較してオーディオ機能が充実している事が特徴で、Z2同様デジタルノイズキャンセリングヘッドホンとUSBデジタル出力でのハイレゾ音源(最大192kHz/24bit)再生に対応している。また、本機種からは新たに単体でのハイレゾ音源(最大96kHz/24bit)再生対応を付加し、圧縮音源の高音質化技術である「DSEE HX」を搭載している[6]。連続音楽再生時間は約130時間[7]。BluetoothはaptXコーデックをサポートしており、高音質なワイヤレス音声再生が可能。なお、可逆圧縮音声フォーマットとしてFLACApple Losslessには対応しているが、WMA losslessは非対応。他に、日本独自機能としてはワンセグフルセグNOTTVおサイフケータイに対応している。

CPUはZ2と同じくQualcomm Snapdragon 801だが、最高クロック周波数が2.3GHzから2.5GHzに上がった。OSは初期状態でAndroid 4.4が搭載され、2015年7月28日からはグローバルモデルに続いてAndroid 5.0へのアップデートが可能となったが、テレビの不具合が見つかったために一時中断し、9月15日に再開されている。2016年8月9日にAndroid 6.0へのアップデートが開始された。

ちなみに、SO-02Gと同様に本機種よりNTTドコモ向けのXperiaシリーズのキャリアロゴ(NTT docomo Xi)の位置が、(ソニーエリクソン時代を含むと非Xi端末のSO-02DSO-03D以来)従来の前面から裏面に、ドコモUIMカードのサイズが従来の「ドコモminiUIMカード」から「ドコモnanoUIMカード」へ変更されている。

キャッチコピーは「あらゆる瞬間を、美しく。」。

搭載アプリ[編集]

PC連携アプリケーション

  • PC Companion(現在は非サポート。 今後はXperia Companionが推奨される)[8]
  • Sony Bridge for Mac(現在は非サポート。 今後はXperia Companionが推奨される)[9]
  • Xperia Companion

プリインストールアプリケーション

主な機能[編集]

主な対応サービス
タッチパネル/加速度センサー Xi[10]/FOMAハイスピード[11]/VoLTE Bluetooth DCMX/おサイフケータイ/NFC/かざしてリンク/赤外線/トルカ
ワンセグ/フルセグ/モバキャス メロディコール テザリング WiFi IEEE802.11a/b/g/n/ac
GPS ドコモメール/電話帳バックアップ デコメール/デコメ絵文字/デコメアニメ iチャネル
エリアメール/ソフトウェアーアップデート自動更新 デジタルオーディオプレーヤー(WMAMP3他)/ハイレゾ音源 GSM/3Gローミング(WORLD WING) フルブラウザ/Flash Player
Google Play/dメニュー/dマーケット Gmail/Google Talk/YouTube/Picasa バーコードリーダ/名刺リーダ ドコモ地図ナビ/ドコモ ドライブネット/Google Maps/ストリートビュー

歴史[編集]

  • 2014年9月3日(現地時間) - ドイツ・ベルリンの家電展示会「IFA 2014」にてソニー及びソニーモバイルコミュニケーションズよりグローバルモデル発表。この時点で日本国内での販売も予告されていた[12]
  • 2014年9月30日 - NTTドコモより発表・事前予約開始。
  • 2014年10月23日 - 発売開始[13]、当日にアップデート開始。
  • 2015年7月28日 - Android 5.0.2にアップデート。
  • 2016年7月12日 - 内蔵電池の寿命を長く維持するために、充電量を調節する機能を追加。
  • 2016年8月9日 - Android 6.0.1にアップデート。本機種と、SO-02Gに置いて、PC Companionや後継のXperia Companion等の、PCを用いたOSのアップグレードが不可能となる。[14]
  • 2019年5月31日 - 修理受け付け終了。

アップデート・不具合など[編集]

2014年10月23日のアップデート[15]
  • 音声着信中にXiエリアからFOMAエリアに移動すると切断される場合がある不具合を修正する。
  • ビルド番号が23.0.B.0.384から23.0.B.1.1になる。
2014年11月27日のアップデート[15]
  • 通話中、相手の声に雑音が混入する場合がある不具合を修正する。
  • ビルド番号が23.0.B.0.38423.0.B.1.1から23.0.B.1.13になる。
2015年2月5日のアップデート
  • VoLTE発信時においてまれに呼び出し音が正常に聞こえない場合がある。
2015年5月14日のアップデート
  • 使用状況によって、電池の減りが早くなる場合がある。
2015年7月28日のアップデート
  • Android 5.0にアップデート
  • 特定のサイトを閲覧中に「バック」キーをタップするとエラー画面が表示される場合がある。
  • ビルド番号:23.1.B.1.160
2015年9月15日のアップデート
  • 2015年7月28日のアップデートにより、一部地域にてテレビの視聴ができない場合がある。
  • ビルド番号:23.1.B.1.197

2016年7月12日のアップデート

  • 内蔵電池の寿命を長く維持するため、充電量を調節する機能を追加。
  • ビルド番号:23.1.B.1.317

2016年8月9日のアップデート

  • Android 6.0.1にアップデート
  • NOTTVアプリを削除。ならびにFMラジオアプリにてワイドFM受信に対応。
  • ブラウザアプリの履歴が正常に表示されない場合がある。
  • ノイズキャンセリングヘッドホン MDR-NW750N/MDR-NC750に対応
  • ビルド番号:23.5.B.0.303

脚注[編集]

  1. ^ ACアダプタ 05(別売)利用時
  2. ^ 対応プロファイル:HSP、HFP、OPP、SPP、HID、A2DP(aptX/SBC対応)、AVRCP、PBAP、PAN(PAN-NAP/PANU対応)、HDP、MAP、DID、HOGP
  3. ^ 連続視聴時間:約420分
  4. ^ 連続視聴時間:約330分
  5. ^ 連続視聴時間:約450分
  6. ^ [1]
  7. ^ [2]
  8. ^ http://www.sonymobile.co.jp/support/software/pcc/2.3/
  9. ^ http://www.sonymobile.co.jp/support/software/bridge-for-mac/
  10. ^ 受信時:150Mbps/送信時:50Mbps
  11. ^ 受信時:14Mbps/送信時:5.7Mbps
  12. ^ Sony Japan | ニュースリリース | IFA 2014出展について2014年9月3日
  13. ^ 報道発表資料 :2014-2015冬春モデルの2機種を発売 -「ドコモ スマートフォン GALAXY Note Edge SC-01G(Charcoal Black)」「ドコモ スマートフォン XperiaTM Z3 SO-01G」- | お知らせ | NTTドコモ
  14. ^ http://www.sonymobile.co.jp/product/update/docomo/marshmallow/
  15. ^ a b XPERIA Z3 SO-01Gの製品アップデート情報 | お客様サポート | NTTドコモ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
Xperia Z2 SO-03F
Sony Xperia Z シリーズ
Xperia Z3 SOL26
Xperia Z3 SO-01G
Xperia Z3 SoftBank 401SO
次代:
Xperia Z4 SO-03G
Xperia Z4 SOV31
Xperia Z4 SoftBank 402SO