Huawei Ascend G6

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
華為技術 > Huawei Ascend > Huawei Ascend G6
Ascend G6 L22
製造 華為技術
発売日 2014年6月27日
概要
OS Android 4.3
CPU Qualcomm
Snapdragon 400
MSM8926
1.2GHz(クアッドコア)
音声通信方式 3G 900/2100MHz
データ通信方式 GSM:850/900/1800/1900MHz
W-CDMA:850/900/2100MHz
LTE:1800/2100MHz
形状 ストレート型
サイズ 131.2 × 65.3 × 7.85 mm
質量 115 g
バッテリー 2000mAh
内部メモリ ROM:8GB
RAM:1GB
外部メモリ microSD
(最大32GB)
FeliCa NFC
赤外線通信機能
テザリング あり(最大8台)
Bluetooth 4.0
備考 SIMフリー
メインディスプレイ
方式 TFT
解像度 QHD
(960×540ドット
サイズ 4.5インチ
表示色数 約1677万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 800万画素
サブカメラ
画素数・方式 500万画素
カラーバリエーション
ホワイト
ブラック
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

Huawei Ascend G6(アセンド ジーシックス)とは、華為技術(ファーウェイ)によって開発された、第3世代移動通信システム第4世代移動通信システムに対応したAndroid端末である。日本では2014年6月27日に発売された[1][2]。 またMVNO会社のIIJU-mobileからは、SIMカードとセットでの販売を開始した[3][4]。 後に複数の家電量販店でも販売された。

製品番号は、T00(LTE非対応)U00(LTE非対応)L11L22(日本版)L33

概要[編集]

Ascend G6は、Ascendシリーズに属するモデルのひとつとなる。
ディスプレイは4.5インチのQHD液晶を搭載。内部仕様はSnapdragon 400のチップセットと、1GBメモリ、8GBのストレージ、32GBまで拡張可能なMicroSDスロットを搭載。背面カメラは800万画素2014年のモデルの中では控えめとなっているが、前面カメラは500万画素となっている。前面カメラでこの数値は、日本で発売された他のスマートフォンでもワイモバイル302HWしかなく、群を抜く性能を有している[5]。またSIMフリー仕様なため、複数のネットワークのSIMカードが利用できる。
オペレーティングシステムはAndroid 4.3を搭載し、デフォルトのユーザーインターフェースは「Emotion UI 2.0」と「SIMPLE UI」の2種類が用意されている(任意のホームアプリをインストールする事も可能)。
日本国内での対応周波数はW-CDMAはBAND1/5/8、LTEはBAND1/3
W-CDMAの850MHz帯はBAND6非対応なのでFOMAプラスエリアでの通話は不能(ただしハードウェアは対応している[6])。またBluetoothを使ったテザリングは親機子機設定共に不能(継続機であるG620Sも同じ)。

日本向けL22は、2014年9月にビルド番号:G6-L22V100R001C635B119へのアップデートが提供された。主に連絡先アプリ、設定、カメラUIにおける日本語表示の不具合を修正。
2015年2月17日にビルド番号:G6-L22V100R001C635B120へのアップデートが提供された。内容は3Gのband8対応(ソフトバンク/Y!mobile網の900MHz音声通話と3Gデータ通信対応)、その他不具合の修正など。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 激安スマホ「Ascend G6」は、格安SIMの相棒におすすめだ
  2. ^ ファーウェイ、SIMロックフリースマートフォン「Ascend G6」を日本で発売
  3. ^ IIJ、SIMロックフリー端末の取り扱いを開始
  4. ^ 音声対応SIM「U-mobile」発売、Ascend G6とセットで月額2902円〜。MNP対応
  5. ^ 法林岳之のケータイしようぜ!!  ファーウェイ「Ascend G6」
  6. ^ 登録証明機関による工事設計認証に関する詳細情報