F-01F

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NTTドコモ ARROWS NX F-01F
F-01F(White)前面
F-01F (White)
キャリア NTTドコモ
製造 富士通
発売日 2013年10月24日
概要
OS Android 4.2.2→Android 4.4.2
CPU Qualcomm
Snapdragon 800
MSM8974 2.2GHz
(クアッドコア)
音声通信方式 3GFOMA(W-CDMA)
2GGSM
データ通信方式 3.9GXi
3GFOMA(HSDPAHSUPA)
2GGSM
無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)
形状 ストレート型
サイズ 140 × 70 × 10 mm
質量 約150 g
連続通話時間 約780分(3G)
約780分(GSM)
連続待受時間 約850時間(静止時・3G)
約670時間(静止時・LTE)
約670時間(静止時・GSM)
充電時間 約190分
バッテリー 3200mAh
取り外し不可
内部メモリ RAM:2GB
ROM:32GB
外部メモリ microSD
(最大2GB・ドコモ発表)
microSDHC
(最大32GB・ドコモ発表)
microSDXC
(最大64GB・ドコモ発表)
日本語入力 ATOK
手書き入力対応
FeliCa FeliCa/NFC
赤外線通信機能 あり
テザリング Wi-Fi(最大10台)
Biuetooth(最大1台)
USB(最大1台)
Bluetooth 4.0[1]
放送受信機能 ワンセグ
フルセグデータ放送非対応・録画不可)
モバキャス
備考 実使用時間:約97.1時間
メインディスプレイ
方式 TFT
WhiteMagic Display
解像度 FHD
(1920×1080ドット)
サイズ 4.97インチ
表示色数 約1677万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約1310万画素裏面照射積層型CMOS
Exmor RS for mobile
機能 フルハイビジョン動画撮影、手ブレ補正(静止画・動画)、HDR撮影、マルチAE
サブカメラ
画素数・方式 約130万画素CMOS
カラーバリエーション
White
Blue Black
Magenta
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

ドコモ スマートフォン ARROWS NX F-01F(ドコモ スマートフォン アローズ エヌエックス エフゼロイチエフ)は、富士通によって開発された、NTTドコモ第3.9世代移動通信システムXi)と第3世代移動通信システムFOMA)のデュアルモード端末である。ドコモ スマートフォン(第2期)のひとつ。

概要[編集]

F-06Eの後継機種だが、画面サイズが5.2インチから5インチに縮小していたり、ストレージ容量が64GBから半分の32GBに減っている。またカメラ画素数も1630万画素から、1310万画素となっている。

液晶は新たにソニーが開発したWhiteMagic(ジャパンディスプレイの商標)を採用しており、スマートフォン最高クラスを誇る最大輝度800カンデラを実現し、晴天の屋外でも明るく見やすい上に、画面の明るさがいちばん明るい状態でも、一般的なTFT液晶に比べて、消費電力を約45%抑えることができる。また、バッテリー容量もF-06Eと比べて約6%アップの3200mAhに増量しており、充電なしで約3日間の駆動が可能となっている。省電力機能でもある「NX!エコ」は「しっかり」、「やんわり」、「オリジナル」といった3つのモードがあり、利用状況にあわせて電池を長持ちすることができる。さらに必要なパフォーマンスに応じてCPUのコアやクロック数を最適化する機能も備えている。

カメラは1310万画素で、ソニー製の裏面照射積層型CMOSセンサー「Exmor RS for mobile」を搭載。これにより高感度・低ノイズ化を実現し、暗い場所や夜景での撮影が一段と強化した。さらに富士通セミコンダクターが新たに開発した画像処理エンジン「GRANVU」(「Milbeaut Mobile」後継)を採用。自然な色合いと精彩感を再現するとともに、どんなシーンでも鮮明に撮影することができる。また撮影時レンズの向きに合わせてすばやくピントを調整し被写体を捉える「クイックフォーカス」にも対応している。

指紋センサーが従来の四角型から丸型に変更されているほか、本体色と同色のカラーリングが施されている。スイッチを押してから認証するまでの時間も短縮し、素早く起動することが可能である。

本体デザインはラウンドフォルムを採用しており、先代機種と比べてみてもより持ちやすい設計になっている。サイドキーには「リアルマテリアル」に加え、ボディの背面には「ダイヤモンドタフコート」を施している。またUSB端子はキャップレス防水に対応した。

なお、赤外線通信ポートがmicroSDカードスロットやmicroSIMカードスロットと同じく、本体上部の防水キャップ内にあるため、赤外線通信を使用する際にはこのキャップを外す必要がある。またワンセグフルセグNOTTV視聴の際は、イヤホンジャックに付属の「アンテナ付イヤホンケーブル F01」を装着する必要がある。

F-06Eが、防水・防塵対応だったのに対し、防水のみの対応となっている。

卓上ホルダは付属しないため、「シアターモード」には非対応であるが、イヤホンを差し込むと音楽や動画の再生に適したモードである「イヤホンランチャー」が搭載されている。

キャッチコピーは「ストレスフリーの心地良さ。省電力WhiteMagic搭載3日持ちスマホ。」、または「ヒューマンセントリックエンジンが実現する省電力。ドコモスマートフォン史上、最高ク­ラスのバッテリー持ち。」[2]である。

搭載アプリ[編集]

Playミュージック YouTube Playストア Google Google+ Google設定 電卓 電話 メール Gmail テレビ カメラ Twitter 設定 Playゲーム

主な機能[編集]

主な対応サービス
タッチパネル/加速度センサー Xi[3]/FOMAハイスピード[4] Bluetooth DCMX/おサイフケータイ/NFC/かざしてリンク/赤外線/トルカ
ワンセグ[5]/フルセグ[6]/モバキャス[7] メロディコール テザリング WiFi IEEE802.11a/b/g/n/ac
GPS ドコモメール/電話帳バックアップ デコメール/デコメ絵文字/デコメアニメ iチャネル
エリアメール/ソフトウェアーアップデート自動更新 デジタルオーディオプレーヤー(WMAMP3他) GSM/3Gローミング(WORLD WING) フルブラウザ/Flash Player
Google Play/dメニュー/dマーケット Gmail/Google Talk/YouTube/Picasa バーコードリーダ/名刺リーダ ドコモ地図ナビ/ドコモ ドライブネット/Google Maps/ストリートビュー

歴史[編集]

  • 2013年10月10日 - NTTドコモより発表・事前予約開始。
  • 2013年10月24日 - 発売開始[8]
  • 2014年6月26日 - Android 4.4バージョンアップ対象機種に選定される。

アップデート・不具合など[編集]

2013年11月26日のアップデート(機能バージョンアップロード)[9]
  • 機能バージョンアップ
    • [docomo ID」認証の本格導入対応
      • 端末にdocomo IDを設定することが可能。docomo IDを端末に設定することで、対応するサービスアプリ[10]でのdocomo ID入力が不要になる。
      • Wi-Fiオプションパスワードがdocomo IDに統合[11]
    • 端末を紛失した際などに、パソコン(My docomo)から回線を指定して、遠隔操作で端末初期化およびSDカードのデータを消去できるサービス「遠隔初期化」に対応
    • 新「ドコモバックアップアプリ」の提供開始
      • SDカードバックアップ対応項目のうち、音楽、ブックマーク、通話履歴、ユーザ辞書について、データ保管BOXへのアップロードが可能となる。
  • 不具合修正
    • iDアプリなど「おサイフケータイ」関連のアプリが正常に起動できない場合がある不具合を修正する。
  • ビルド番号がV19R43GからV27R56Aになる。
2014年3月27日のアップデート(機能バージョンアップロード)[9]
  • 「LTE国際ローミング」の対応
本端末を利用して、海外でLTEの通信が可能になる(本機能対応に伴い、LTEのON/OFF設定を追加)。
  • 不具合改善
電源キーを押してもスリープモードから復帰せず、画面が表示されない場合がある不具合を修正する。
  • ビルド番号がV27R56AからV30R61Bになる。
2014年9月10日のアップデート[9]

※ソフトウェア更新の対象は、2013年11月26日より提供している機能バージョンアップを実施された携帯電話となる。

  • ダッシュボードウィジェットの電池残量情報が更新されない場合がある不具合を修正する。
  • ビルド番号がV27R56AV30R61BからV32R63Cになる。
2014年12月1日のアップデート[9]

※ソフトウェア更新の対象は、2013年11月26日より提供している機能バージョンアップを実施された携帯電話となる。

  • 電池残量表示が急激に変化する場合がある不具合を修正する。
  • ビルド番号がV27R56AV30R61BV32R63CからV33R64Bになる。
2015年2月5日のアップデート(OSバージョンアップ)[9]

Android4.2からAndroid4.4にバージョンアップ

  • 絵文字追加

脚注[編集]

  1. ^ 対応プロファイル:HFP、HSP、DUN、OPP、SPP、HID、A2DP/aptX/SBC、AVRCP、PBAP、HDP、ANP、FMP、PASP、PXP、TIP
  2. ^ 【docomo】 ARROWS NX F-01F TV-CM 「ARROWS NEW RECORD」篇 (30秒ver.)より(富士通携帯電話総合公式チャンネル) - YouTubedocomo公式チャンネル版(30秒)
  3. ^ 受信時:150Mbps/送信時:50Mbps
  4. ^ 受信時:14Mbps/送信時:5.7Mbps
  5. ^ 連続視聴時間:約470分
  6. ^ 連続視聴時間:約300分
  7. ^ 連続視聴時間:約430分
  8. ^ 報道発表資料 : 2013-2014冬春モデルの3機種を発売 -「ドコモ スマートフォン ARROWS NX F-01F」「ドコモ スマートフォン XperiaTM Z1 SO-01F」「ドコモ ケータイ P-01F」- | NTTドコモ
  9. ^ a b c d e ARROWS NX F-01Fの製品アップデート情報 | お客様サポート | NTTドコモ
  10. ^ 「ドコモ電話帳」「iコンシェル」「データ保管BOX」「ケータイデータお預かりサービス」「ドコモクラウド設定」「docomo Application Manager」は、機能バージョンアップと同時に更新される。「ドコモメール」「iチャネル」「フォトコレクション」「メール翻訳コンシェル」「i Bodymo」「ビジネスmopera あんしんマネージャー」「ショッぷらっと」については、バージョンアップ後、最新版にアップデートする必要がある。
  11. ^ バージョンアップ後は、対応サービスアプリをWi-Fi経由でご利用するためにdocomo IDを設定する必要がある。またWi-Fiオプションパスワードを利用されていた方もdocomo IDを改めて設定する必要がある。

関連項目[編集]

  • 富士通
  • ARROWS
    • F-06E - 先代機種。
    • ARROWS Z FJL22 - au向けの兄弟機種。LTEとWi-Fiの同時通信に対応。バッテリー容量は減らされてる以外はほぼ同等のスペックである。本機と同じく5インチのフルHDであるが液晶の方式も異なる。製造は富士通モバイルが担当。
    • ARROWS A 301F - ソフトバンクモバイル向けの兄弟機種。バッテリーは2600mAhと減らされているが、ストレージ容量は64GBに倍増し、こちらは女性向けに特化している。製造は富士通モバイルが担当。
  • Disney Mobile on docomo F-03F - 本機種をベースとしたDisney Mobile on docomo端末。ディスプレイが液晶から有機ELに変更されており、フルセグ受信が省略されている。
    • F-05F - 後継機種。

外部リンク[編集]

先代:
F-06E
富士通
ARROWS NXシリーズ
F-01F
次代:
F-05F