らくらくホン8

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NTTドコモ らくらくホン8
キャリア NTTドコモ
製造 富士通
発売日 2014年9月12日
概要
音声通信方式 3GFOMAW-CDMA
2GGSM
形状 折りたたみ式
サイズ 110 × 50 × 15.5(最厚部19) mm
質量 121 g
連続通話時間 3G(音声):約180分
3G(テレビ電話):約110分
GSM:約240分
連続待受時間 3G:約520時間
GSM:約280時間
外部メモリ microSD
(2GBまで),
microSDHC
(16GBまで)
日本語入力 ATOK
FeliCa トルカのみ対応
赤外線通信機能 あり
Bluetooth なし
放送受信機能 ワンセグ対応
メインディスプレイ
方式 半透過TFT液晶
解像度 ワイドVGA
480×800ドット
サイズ 3.0インチ
表示色数 26万2144色
サブディスプレイ
方式 半透過TFT液晶
解像度 240×320ドット
サイズ 2.0インチ
表示色数 26万2144色
メインカメラ
画素数・方式 約810万画素CMOS
機能 オートフォーカス、手ブレ防止機構
サブカメラ
画素数・方式 約33万画素CMOS
機能 -
カラーバリエーション
ゴールド
ピンク
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

らくらくホン8(らくらくホン エイト)は、富士通が開発した、NTTドコモ第三世代携帯電話 (FOMA) 端末。docomoらくらくホンシリーズの端末で、正式な型番はF-08F(エフ ゼロ はち エフ)である。

概要[編集]

らくらくホン7の後継機にあたる、らくらくホンシリーズのスタンダードモデルで、約4年ぶりの発売となる。

本機種では絵文字がコミカルに動く「デコメ絵文字」の種類が2倍以上となる440種類に増加。収録辞書がらくらくホン7の広辞苑から学研モバイル国語辞典に変更となっている(学研モバイル和英辞典・学研モバイル英和辞典はらくらくホン7から引き続き搭載)。

なお、外形寸法、ディスプレイサイズ(メイン・サブとも)、ボタン配列、プリインストールiアプリはらくらくホン7と同じで、「スーパーはっきりボイス3」・「ゆっくりボイス」・「スーパーダブルマイク2」などの親切機能、画像処理エンジン「GRANVU(グランビュー)」・自動シーン認識機能・追尾フォーカスなどを備えたカメラ機能、「お知らせ光ガイド」・「使い方ガイド」などのあんしん機能、防水(IPX5/IPX8等級相当)・防塵(IP5X等級相当)はらくらくホン7から踏襲される。また、「らくらくiメニュー」・「らくらくコミュニティ」は本機種にも対応している。

2016年11月2日にiモードケータイの出荷を同年中に終了することが発表された[1]際に、本機種とらくらくホン ベーシック4については出荷を継続するとしていたが、いずれも2017年6月までに販売を終了している(公式サイトの製品情報がなくなっている)。この結果、iモード対応の携帯電話は全て販売終了となった。

主な対応サービス
タッチパネル FOMAハイスピード7.2Mbps Bluetooth DCMXおサイフケータイ
iアプリオンライン地図アプリ 直感ゲームメガiアプリ iウィジェット マチキャラiコンシェル[2]
ホームUポケットU GPS[2]ケータイお探し デコメールデコメ絵文字デコメアニメ iチャネル
着もじ テレビ電話キャラ電 電話帳お預かりサービス フルブラウザ
おまかせロックバイオ認証 外部メモリーへiモードコンテンツ移行 トルカ iC通信
きせかえツールダイレクトメニュー バーコードリーダ[3]名刺リーダ 2in1 エリアメールソフトウェアーアップデート自動更新
GSM3GローミングWORLD WING 着うたフルうた・ホーダイ Music&Videoチャネルビデオクリップ デジタルオーディオプレーヤー

歴史[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ドコモ ケータイ(iモード)出荷終了について
  2. ^ a b オートGPS対応
  3. ^ カメラを使ったデジタル眼鏡にも対応。
  4. ^ 報道発表資料 |「ドコモらくらくホン8 F-08F」を開発 | NTTドコモ
  5. ^ 報道発表資料 |「ドコモらくらくホン8 F-08F」を発売 | NTTドコモ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]