ケータイデータお預かりサービス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ケータイデータお預かりサービス(ケータイデータおあずかりサービス)は、ドコモ安心サービスの機能のひとつ。電話帳やメール、写真のバックアップをリモートでとることができるサービスである。以前の名称は、電話帳お預かりサービスであったが、2009年冬モデルから名称を変更し、バックアップ項目が最大12種類と増えている。

概要[編集]

NTTドコモ携帯電話のアドレス帳や写真、メールなどをNTTドコモのサーバにバックアップがとれる。またメールアドレスを変更した際など、友人に一斉通報できる。さらに写真は保存だけでなくPCでの編集ができる。

バックアップは携帯電話または、PCからの手動でのバックアップをとる方法と、定期的に自動でバックアップを問う方法がある。誤ってサーバ上のアドレスを消してしまっても、復活することも可能。

アドレス帳や写真の編集などで、パソコンで利用する場合My docomoサイトからアクセスし、利用する。 携帯電話からは、機種の機能としてバックアップをとるか、iモードでアクセスしバックアップをとることができる。 csv形式のファイルをMydocomoサイトから、パソコンにダウンロードし、ドコモケータイdatalinkを使って編集などもできる。

iモードメールをPCやスマートフォンのブラウザで送受信するサービスである、iモード.netを利用する場合、本サービスを利用していれば、iモード.net用のアドレス帳として利用が可能となる。

2009年1月7日から、保存容量が4MBから100MBに拡大した。

  • 利用料 100円/月(2009年6月1日より、初月無料)
  • 利用可能機種 902is以降の機種(対応していない機種もある)

バックアップが可能なもの[編集]

機種によって預かれるデータが変わる。

スマートフォン[編集]

2011年3月15日より、NTTドコモではドコモ スマートフォンでも電話帳のバックアップサービスを開始すると発表した。保存可能容量は100MB(または3000件)となり、バックアップやリストア機能などを備えている。しかし、2011年3月11日に発生した、東北太平洋沖地震によるネットワークの負荷を考慮して、サービス時期を後ろ倒しをするとしている。

法人での利用[編集]

ビジネスmopera安心マネージャーの機能で、電話帳お預かりサービスの機能以上のことができる。

  • アドレス帳の遠隔削除
  • 共有アドレス帳

関連項目[編集]

外部リンク[編集]