N2001

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NTTドコモ FOMA N2001
FOMA N2001.jpg
キャリア NTTドコモ
製造 日本電気
発売日 2001年10月1日
5月1日貸与開始
概要
音声通信方式 FOMAW-CDMA
形状 折りたたみ式
サイズ 103 × 52 × 20 mm
質量 135 g
連続通話時間 約90分
連続待受時間 静止時:約50時間
外部メモリ -
FeliCa なし
赤外線通信機能 なし
Bluetooth なし
ワンセグ なし
メインディスプレイ
方式 カラー有機EL
解像度 120×160ドット
サイズ 2.2インチ
試験時:2.1インチ
表示色数 約4000色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
なし
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
SILVER
RED
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

FOMA N2001(フォーマ・エヌ に まる まる いち)は、NEC製のNTTドコモ第三世代携帯電話(FOMA)端末である。 開発コードネームは"neptune"、アプリケーションMPUはV850Eである。

概要[編集]

N2001は2001年5月のFOMA試験サービス時からリリースされた初代FOMA端末である。 カラーバリエーションはシルバーとレッドの二種類。

メインディスプレイには2.2インチ有機ELディスプレイを採用していたが、故障が多く明るい場所ではほとんどディスプレイが見えない等、問題が多かった。

端末のバージョン[編集]

  • 試験サービス中、パソコンに接続したインターネット通信に対応するため、一旦回収して利用者へ再度配布された。
  • 本サービス開始時にリリースされた端末は、初代端末にはなかった受話部スピーカーの半円模様がデザインされた。
  • 初期の端末のプリインストールの待ち受け画面には、ワールドトレードセンターが含まれたマンハッタンの街並みが存在したが、同年9月に米国同時多発テロが発生したことから、後に動物の画面に変更された。

内蔵着信メロディー[編集]

歴史[編集]

外部リンク[編集]

形状[編集]

N2001 左側・開いた状態、右側・折りたたみ状態