SH-02H

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NTTドコモ AQUOS Compact SH-02H
キャリア NTTドコモ
製造 シャープ
発売日 2015年12月4日
概要
OS Android 5.1
CPU Qualcomm
Snapdragon 808
MSM8992
1.8GHz + 1.4GHz(ヘキサコア)
音声通信方式 3.9GVoLTE(LTE)
3GFOMA(W-CDMA)
2GGSM
データ通信方式 3.9GXi
3GFOMA(HSDPAHSUPA)
2GGSM
無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)
形状 ストレート型
サイズ 126 × 66 × 8.9 mm
質量 120 g
連続通話時間 LTE:約1150分/3G:約820分/GSM:約710分
連続待受時間 LTE:約460時間/3G:約510時間/GSM:約390時間
充電時間 約130分
バッテリー 2810mAh
内部メモリ RAM:3GB
Storage:32GB
外部メモリ microSD
(2GBまで・ドコモ発表)
microSDHC
(32GBまで・ドコモ発表)
microSDXC
(200GBまで・ドコモ発表)
日本語入力 S-Shoin
FeliCa FeliCa/NFC(決済対応)
赤外線通信機能 なし
テザリング あり
Bluetooth 4.1
放送受信機能 ワンセグ
メインディスプレイ
方式 TFT
IGZO
解像度 FHD
(1920×1080ドット)
サイズ 4.7インチ
表示色数 約1677万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約1310万画素裏面照射型CMOS
サブカメラ
画素数・方式 500万画素画素裏面照射型CMOS
カラーバリエーション
Yellow×Silver        
Blue×Black        
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

ドコモ スマートフォン AQUOS Compact SH-02H(ドコモ スマートフォン アクオス コンパクト エスエイチゼロニエイチ)は、シャープによって開発された、NTTドコモ第3.9世代移動通信システムXi)・第3世代移動通信システムFOMA)対応端末である。ドコモ スマートフォン(第2期)のひとつ。

概要[編集]

SH-02Fの事実上の後継機種で、コンパクトながら兄弟機種にあたるSH-01Hとほぼ同等のスペックを実現している。ただし、フルセグとNOTTVには対応しておらず、指紋センサーも搭載していない。また、PREMIUM 4Gには非対応。

キャッチコピーは「遊びゴコロとコダワリの先進機能がつまったコンパクトAQUOS。」。

主な機能[編集]

主な対応サービス
タッチパネル/加速度センサー PREMIUM 4G/Xi[1]/FOMAハイスピード[2]/VoLTE Bluetooth DCMX/おサイフケータイ/NFC/かざしてリンク/赤外線/トルカ
ワンセグ/フルセグ/モバキャス メロディコール テザリング WiFi IEEE802.11a/b/g/n/ac
GPS ドコモメール/電話帳バックアップ デコメール/デコメ絵文字/デコメアニメ iチャネル
エリアメール/ソフトウェアーアップデート自動更新/生体認証 (指紋/虹彩) デジタルオーディオプレーヤー(WMAMP3他)/ハイレゾ音源 GSM/3Gローミング(WORLD WING) フルブラウザ/Flash Player
Google Play/dメニュー/dマーケット Gmail/Google Talk/YouTube/Picasa バーコードリーダ/名刺リーダ ドコモ地図ナビ/ドコモ ドライブネット/Google Maps/ストリートビュー

歴史[編集]

アップデート・不具合など[編集]

2016年2月22日のアップデート[3]
  • まれに特定のエラーメッセージが表示され正常に操作できないという不具合を修正。
  • ビルド番号が01.00.01から01.00.02になる。

脚注[編集]

  1. ^ 受信時:150Mbps/送信時:50Mbps
  2. ^ 受信時:14Mbps/送信時:5.7Mbps
  3. ^ AQUOS ZETA SH-02Hの製品アップデート情報 | お客様サポート | NTTドコモ

関連項目[編集]

SH-M03

外部リンク[編集]