HTL22

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
au HTC J One HTL22
HTC One.png
グローバル版のHTC One
キャリア au
製造 HTC
発売日 2013年6月1日
(ホワイトメタル)
2013年6月上旬以降順次
(ブラックメタル)
2013年8月24日
(レッドメタル)
概要
OS Android 4.1.2→4.2.2→4.4.2
CPU Qualcomm
Snapdragon 600
APQ8064T 1.7GHz
(クアッドコア)
音声通信方式 3G:
CDMA2000 1xMC
CDMA 1X
(新800MHz/2GHz)
W-CDMA
(850MHz/2GHz)
2G:
GSM
(1.9GHz/1.8GHz/900MHz)
データ通信方式 3.9G:
FDD-LTE
au 4G LTE
(新800MHz/1.5GHz/2.1GHz)
3.5G:
CDMA2000 1xEV-DO MC-Rev.A
WIN HIGH SPEED
CDMA2000 1xEV-DO Rev.A
CDMA 1X WIN
CDMA2000 1xEV-DO Rel.0
(CDMA 1X WIN)
UMTS
W-CDMA
3G:
CDMA2000 1xMC
(CDMA 1X)
その他:
無線LAN
(IEEE 802.11a/b/g/n 5GHz/2.4GHz)
(4.2.2へのアップデートによりIEEE 802.11acにも対応)
形状 ストレート型
サイズ 約138 × 69 × 10.5 mm
質量 約157 g
連続通話時間 約820分
連続待受時間 約370時間(LTE)
約450時間(3G)
充電時間 約150分
バッテリー 2300mAh
取り外し不可
内部メモリ RAM:2GB
ROM:32GB
外部メモリ microSD
(最大2GB)
microSDHC
(最大32GB)
microSDXC
(最大64GB)
日本語入力 iWnn IME
FeliCa FeliCa/NFC
赤外線通信機能 あり
テザリング Wi-Fi(最大8台)
USB/Bluetooth(1台)
Bluetooth 4.0
放送受信機能 ワンセグ(要・イヤホン)
外部接続 microUSB(MHL共用)
3.5φイヤホンマイク端子
備考 1. 端末本体にステレオスピーカーを搭載
2. SAR値:0.949W/kg
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 フルHD
(1920×1080ドット)
サイズ 4.7インチ
表示色数 約1677万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約400万画素CMOS
UltraPixel
機能 HTC Zoe
HDR動画撮影
フルHD動画撮影
サブカメラ
画素数・方式 約210万画素CMOS
カラーバリエーション
ブラックメタル
(Black Metal)
ホワイトメタル
(White Metal)
レッドメタル
(Red Metal)
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

HTC J One HTL22(エイチティーシー ジェイ ワン エイチティーエル ニーニー)は、HTCによって開発された、auブランドを展開するKDDI及び沖縄セルラー電話CDMA 1X WIN、および第3.9世代移動通信システムau 4G LTE)対応ストレート型スマートフォンである。輸入元はHTC NIPPONである。

概要[ソースを編集]

HTL21の後継機種で、グローバルモデルであるHTC One("M7" 2013年版)の日本国内ローカライズモデルである。日本独自機能への対応のために、質量がグローバルモデルと比べて約17g、デュアルSIM版と比べて約1g増えており、サイズも若干大きくなっている。

日本独自機能としてワンセグ・おサイフケータイ・赤外線通信に対応している。また、グローバル版と異なり、microSDカードスロットを有する。

ディスプレイガラス以外の部分は、リアカバーも含めてほぼ全てアルミでできており、高い質感と堅牢性を持つ。リアカバーを外すとSIMカードスロットとmicroSDカードスロットがある。

UIはHTC独自のHTC Senseが一新されており、ホーム画面の「HTC BlinkFeed」でウェブ上のニュースや写真、各種SNSの情報を一括して閲覧することが可能となっている。なお、「HTC BlinkFeed」はあらかじめ選択できるニュースサイトが限定されており、RSSリーダのように好みのサイトのフィードを表示させる使い方はできない。

カメラはHTC独自のUltraPixel[1]センサーとF値2.0のレンズを使用している。カメラの画素数は同時期に販売されたスマートフォンより少ない400万画素だが、その分一つの画素を大きくすることによって従来のカメラより多く光が取り込める。ファイルサイズは小さいながらも、フラッシュなしで薄暗い室内が撮影できるなど高画質を謳っている。

なお、先代機種と異なり防水性能は備えていない。バッテリーの取り外しは不可。

歴史[ソースを編集]

  • 2013年(平成25年)2月19日(現地時間) - HTCよりグローバルモデル発表。この時の名称はHTC Oneだった[2]
  • 2013年4月30日 - 連邦通信委員会を通過[3]
  • 2013年5月20日 - KDDI、およびHTC NIPPONより公式発表。
  • 2013年6月1日 - 全国にてホワイトメタルを一斉発売。ブラックメタルは各地域で順次発売。
  • 2013年8月24日 - 全国にてレッドメタルを一斉発売。
  • 2013年9月10日 - Android 4.2.2へのバージョンアップ開始[4]。バージョンアップ後はIEEE 802.11acが新たにサポートされる。
  • 2014年(平成26年)9月2日 - Android 4.4.2へのバージョンアップ開始[5]

プリインストールアプリ[ソースを編集]

  • au Cloud
  • Chrome
  • Dropbox
  • Gmail
  • GREE
  • 3LM Security
  • Friends Note
  • KDDI Eメール
  • PDFビューア
  • Polaris Office
  • Sound Hound
  • Tuneln Radio
  • Twitter
  • YouTube
  • Google Talk
  • うたパス
  • ビデオパス
  • ブックパス

その他機能[ソースを編集]

※PC向けWebブラウザが標準装備されている。携帯向けサイト(EZWeb)は他のスマートフォンやPCと同じく閲覧不可。

主な機能・対応サービス
auウィジェット
Webブラウザ
LISMO!
for Android
[6]
メディアプレイヤー[7]
LISMO WAVE
おサイフケータイ
NFC
ワンセグ
DLNA/DTCP-IP
au one メール
PCメール
Gmail
EZwebメール
デコレーションメール
デコレーションアニメ
Skype au PCドキュメント
au Smart Sports
Run & Walk
Karada Manager
ゴルフ(web版)
Fitness、歩数計
GPS
方位計
au oneナビウォーク
au one助手席ナビ
au one ニュースEX
au one GREE
かんたんメニュー[8][9]
じぶん銀行
緊急速報メール Bluetooth 無線LAN機能
(Wi-Fi)
赤外線通信 WIN HIGH SPEED
au 4G LTE
グローバルパスポート auフェムトセル
microSD
microSDHC
モーションセンサー(6軸) 防水
防塵
簡易留守録
着信拒否設定


脚注[ソースを編集]

  1. ^ HTC UltraPixel Camera(英語)
  2. ^ Introducing the new HTC One®, a new perspective on smartphones (英語)
  3. ^ [1]
  4. ^ HTC J One HTL22 OSアップデート情報 - au(KDDI) 2013年9月10日
  5. ^ HTC J One HTL22 OSアップデート情報 - au(KDDI) 2014年9月2日
  6. ^ 過去にCD等からPC上のLSIMO Portへ取込んだ楽曲のISシリーズ端末への転送、及び、過去に同電話番号のLISMO対応au携帯電話で購入した着うたフル着うたフルプラス、ビデオクリップのLISMO Portでのバックアップ&ISシリーズ端末への転送は、LISMO Port 4.4以降が必要となる。このほか携帯のmicroSDからの差し替えやMP3やMP4などにも対応している。
  7. ^ USB接続のMTPモードにすることによりWindows標準のWindows Media PlayerからWMAでの転送にも対応。ただしWMAはあらかじめインストールされているメディアプレイヤーかLISMO以外のプレイヤーアプリで対応。
  8. ^ 別途、au one Marketからのダウンロードにて対応
  9. ^ au one Market「かんたんメニュー」 - KDDI

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]

先代:
HTL21
HTC J butterfly
au HTC J シリーズ
HTL22
HTC J One
次代:
HTL23
HTC J butterfly