SCL24

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
au GALAXY Note Edge SCL24
Samsung Galaxy Note Edge.png
グローバルモデルとしてのGALAXY Note Edge
(au版は画面上部のサムスンのロゴが無い。)
キャリア au
製造 サムスン電子
発売日 2014年10月23日(Charcoal Black)
11月13日(Frost White)
概要
OS Android 4.4→5.0.1→6.0(予定)
CPU Qualcomm
Snapdragon 805
APQ8084 2.7GHz
(クアッドコア)
音声通信方式 3G:CDMA2000 1xMC
CDMA 1X
(新800MHz/2GHz)
W-CDMA
(850MHz/2GHz)
2G:GSM
(1.9GHz/1.8GHz/900MHz)
データ通信方式 3.9/4G:
FDD-LTE/LTE-A/WiMAX 2.1
au 4G LTE/au 4G LTE CA/WiMAX2+
(新800MHz/2.1GHz/2.5GHz)
3.5G:CDMA2000 1xEV-DO MC-Rev.A
WIN HIGH SPEED
CDMA2000 1xEV-DO Rev.A
CDMA 1X WIN
CDMA2000 1xEV-DO Rel.0
(CDMA 1X WIN)
UMTS
W-CDMA
3G:CDMA2000 1xMC
(CDMA 1X)
その他:無線LAN
(IEEE 802.11a/b/g/n/ac 5GHz/2.4GHz)
形状 ファブレット
(右側に曲面ディスプレイ搭載)
サイズ 151 × 82 × 8.5[1] mm
質量 約177 g
連続通話時間 約1300分
連続待受時間 約470時間(3G)/約440時間(LTE/WiMAX2+)
バッテリー 3000mAh
内部メモリ RAM:3GB
ROM:32GB
外部メモリ microSD
(最大2GB・KDDI公表)
microSDHC
(最大32GB・KDDI公表)
microSDXC
(最大128GB・KDDI公表)
日本語入力 iWnn
FeliCa FeliCa/NFC(決済対応)
赤外線通信機能 あり[2]
テザリング あり
Bluetooth 4.1
放送受信機能 ワンセグ
フルセグ
外部接続 microUSB
3.5φイヤホンマイク端子
備考 1. 製造国:
大韓民国の旗 韓国
2. 最大192kHz/24bitハイレゾ音源に対応
3. JVCケンウッド、およびJVCケンウッド・ビクターエンタテインメントと共同開発した、スタジオで収録されたオリジナル音源をデジタル音源に変換・圧縮する際に失われてしまう音楽情報を再生成し、原音に極めて忠実な高音質で再生するデジタル音源高音質化エンジン「K2HD(High Definition)」を搭載
メインディスプレイ
方式 有機EL
SUPER AMOLED
解像度 WQHD
((1440+160)×2560ドット)
サイズ 5.6インチ
表示色数 約1677万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約1600万画素裏面照射型CMOS
機能 手ぶれ補正機能
2160p動画
顔認識
サブカメラ
画素数・方式 約370万画素画素CMOS
機能 ハイビジョン動画撮影
カラーバリエーション
チャコールブラック
フロストホワイト
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

GALAXY Note Edge SCL24(ギャラクシー ノート エッジ エスシーエル ニーヨン)は、韓国のサムスン電子(輸入元:サムスン・テレコミュニケーションズ・ジャパン)によって日本国内向けに開発された、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話第3.5世代移動通信システムCDMA 1X WIN)、および第3.9世代移動通信システムau 4G LTE)、第4世代移動通信システムau 4G LTE CA/WiMAX2+)対応スマートフォンである。

概要[編集]

SCL22の後継機種で、筺体の右側に曲面ディスプレイを搭載している。この曲面ディスプレイは本体と独立しており、アプリケーションの切り替えを素早く行ったり、ショートカット操作を行ったりすることが可能である。

さらに、au版ではEメール (@ezweb.ne.jp) やSMSを受信したときにアニメーションで通知したり、本文を表示したりする事が可能である。

他にも、日本独自機能としてワンセグ・おサイフケータイに加え、GALAXYシリーズでは初となるフルセグ放送の受信にも対応している。

防水・防塵性能は搭載していない。

その他機能[編集]

※PC向けWebブラウザが標準装備されている。携帯向けサイト(EZWeb)は他のスマートフォンやPCと同じく閲覧不可。

主な機能・対応サービス
auウィジェット
Webブラウザ
LISMO!
for Android

LISMO WAVE
ハイレゾ音源対応音楽プレイヤー
(最大192kHz/24bit
おサイフケータイ
NFC
おくだけ充電(Qi
ワンセグ
フルセグ
DLNA/DTCP-IP
au one メール
PCメール
Gmail
EZwebメール
デコレーションメール
デコレーションアニメ
Friends Note PCドキュメント
au Smart Sports
Run & Walk
Karada Manager
ゴルフ(web版)
Fitness、歩数計
GPS
方位計
au oneナビウォーク
au one助手席ナビ
au one ニュースEX
au one GREE
かんたんメニュー[3][4]
じぶん銀行
緊急速報メール Bluetooth 無線LAN機能
(Wi-Fi)
赤外線通信 WIN HIGH SPEED
au 4G LTE[5][6]
WiMAX2+[7]
グローバルパスポート auフェムトセル
microSD
microSDHC
microSDXC
モーションセンサー(6軸) 防水
防塵
簡易留守録
着信拒否設定


歴史[編集]

  • 2014年9月3日(現地時間) - ドイツベルリンの家電展示会「IFA 2014」にてサムスン電子よりグローバルモデル発表。この時点では日本国内での販売は未定だった[8]
  • 2014年9月18日 - 全国のGALAXY SHOPにて先行展示開始、東京ゲームショウ 2014にて日本国内での販売が予告される[9]
  • 2014年9月24日 - KDDI、およびサムスン・テレコミュニケーションズ・ジャパンより公式発表。
  • 2014年10月23日 - Charcoal Blackが関東および中部・関西・沖縄地区にて先行発売[10]
  • 2014年10月31日 - Charcoal Blackが関東および中部・関西・沖縄地区以外の地区で発売。
  • 2014年11月13日 - Frost White発売開始。
  • 2015年8月27日 - Android 5.0.1へアップデート。
  • 2016年8月24日(予定) - Android 6.0へアップデート。

脚注[編集]

  1. ^ 最厚部:約10.1mm
  2. ^ リモコン操作のみ。
  3. ^ 別途、au one Marketからのダウンロードにて対応
  4. ^ au one Market「かんたんメニュー」 - KDDI
  5. ^ 受信:最大150Mbps/送信:最大12Mbps(2GHz)
  6. ^ 受信:最大75Mbps/送信:最大25Mbps(800MHz)
  7. ^ 受信:最大110Mbps/送信:最大10Mbps
  8. ^ サムスン、「GALAXY Note 4」「GALAXY Note Edge」を発表 - ケータイ Watch 2014年9月4日
  9. ^ 「Galaxy Note Edge」日本発売へ、「東京ゲームショウ 2014」でも展示 - ケータイ Watch2014年9月18日
  10. ^ 曲面ディスプレイ「エッジスクリーン」を採用した「GALAXY Note Edge (ギャラクシーノートエッジ)」の発売について | 2014年 | KDDI株式会社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
GALAXY Note 3 SC-01F
GALAXY Note 3 SCL22
GALAXY Note
GALAXY Note Edge SC-01G
GALAXY Note Edge SCL24
※GALAXY Note 4は日本国内では未発売。
次代:
-