FiiO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
広州飛傲電子科技有限公司
FiiO Electronics Technology Co., Ltd
種類 有限公司(株式会社)
略称 FiiO
本社所在地 中華人民共和国の旗 中国
広東省広州市白雲区黄石西路石崗村
設立 2007年
外部リンク www.fiio.net
テンプレートを表示

FiiO(フィーオ、飛傲、FiiO Electronics Technology Co., Ltd.)とは、中国広東省広州市に本拠を置く音響機器メーカー。ヘッドフォン・イヤフォン用のポータブルアンプDACおよびデジタルオーディオプレーヤーの開発・製造を主業務としている。

概要[編集]

2007年に設立されて以来、小型・高音質のポータブルヘッドフォンアンプおよび派生製品の製造を行っている。日本に於いては2009年からオヤイデ電気が輸入代理店となっている[1]。元々はオヤイデ電気がE3、E5といった初期のポタアン製品を取り扱い、直営店販売および通信販売していたが、人気が出たため、正規輸入代理店となり、販売網を広げるようになった。

主な製品(日本)[編集]

ヘッドフォンアンプ[編集]

2007年に最初の製品が発売されている。日本ではオヤイデ電気が代理店となった2009年から本格的に販売され、ポータブルヘッドフォンアンプ(ポタアン)ブームのきっかけとなっている[2]

  • E5
  • E3
  • E7
  • E9
  • E11
  • E6
  • E17
  • E07K
  • E12
  • E18
  • E11K
  • E12A
  • E17K
  • A3
  • Q1
  • A1
  • A5

デジタルオーディオプレーヤー[編集]

FiiO X7(AM3バランス接続対応アンプモジュール)

2013年に最初のモデルが発売されたが、実売2万~5万円程度の低・中価格帯メインでハイレゾリューション対応としている。

  • X3
  • X5
  • X1
  • X3 2nd generation
シーラス・ロジック製DAC (CS4398) を使用し、実売3万円程度ながらDSD音源のネイティブ再生[3]に対応している[4]TI社オペアンプ (OPA1642) を2基使用し、同じチップをローパスフィルターとヴォルテージアンプで別用途としている。また、水晶振動子を2系統(44.1kHz・88.2kHz、176.4kHz・DSD用 および 48kHz・96kHz・192kHz用)搭載しジッター低減を図っている。
  • X5 2nd generation
  • X7
2015年12月に発売、実売価格約10万円前後。UIにAndroid OSを使用。ESS製DAC (ES9018S)を搭載し、DSD 5.6MHzや384kHz/32bit音源ネイティブ再生に対応。アンプモジュールが着脱式となっており、別売のモジュール[5]に換装可能となっている[6]
日本国内における所持・使用に必要な技術基準適合証明が未取得であることが判明し、販売中止・販売済み製品が回収される騒ぎとなった[7]
  • X1 2nd generation

脚注[編集]

  1. ^ オヤイデ、中国FiiO社の国内正規代理店に決定(2009年3月30日 音元出版
  2. ^ 見た目からは分からない進化、ポータブルヘッドフォンアンプ“Fiio”「E07K」を試す(2013年3月15日 ITmedia
  3. ^ 本機が発売された2015年5月時点では、DSD音源の(PCM変換を行わない)ネイティブ再生に対応したDAP製品はAK240Calyx Mなど本機以外は実売10万円を大きく超える。
  4. ^ FiiO、実売3.4万円/DSDネイティブ再生対応のハイレゾDAP「X3 2nd generation」(2015年5月1日 音元出版
  5. ^ 標準添付はAM1。AM0(アンプなし)、AM2(中出力タイプ)、AM3(バランス接続対応)、AM5(高出力タイプ)各モジュールが2016年8月中に上市されている。
  6. ^ FiiO X7、Android搭載の最上位ハイレゾDAP - アンプ着脱可能 | マイナビニュース(2015年12月11日 マイナビ
  7. ^ オヤイデが「FiiO X7」を技適未取得のため販売中止・回収。取得後に返送 - AV Watch(2016年2月19日 インプレス

外部リンク[編集]