N702iD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
NTTドコモ FOMA N702iD
FOMA N702iD (BLACK)
キャリア NTTドコモ
製造 日本電気
発売日 2006年2月24日
概要
音声通信方式 FOMA (W-CDMA)
800MHz2GHz
形状 折りたたみ式
サイズ 98 × 48 × 18.7 mm
質量 112 g
連続通話時間 約140分間(音声通話)
約90分間(テレビ電話
連続待受時間 約560時間(静止時)
約400時間(移動時)
外部メモリ miniSD (~512MB)
日本語入力 T9ダイレクト
FeliCa なし
赤外線通信機能 あり
Bluetooth なし
ワンセグ なし
備考 デザイン: 佐藤可士和
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 240×345ドット (QVGA+)
サイズ 2.3インチ
表示色数 65,536万色
サブディスプレイ
方式 有機EL
解像度 300×30ドット
サイズ 2.1インチ
表示色数 1色
メインカメラ
画素数・方式 約125万画素νMaicovicon
機能 バーコードリーダー、撮影ライト
サブカメラ
画素数・方式 約11万画素CMOS
機能 特になし
カラーバリエーション
SILVER
BLACK
WHITE
RED
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

FOMA N702iD(フォーマ・エヌ なな まる に アイ ディー)は、NECが開発した、NTTドコモ第三世代携帯電話 (FOMA) 端末製品である。

概要[編集]

N702iDは、携帯電話キャリアNTTドコモと、端末メーカーNEC、そしてデザイナー佐藤可士和とのコラボレーションによって誕生した製品。 機能的にはFOMA N701iのそれを踏襲したものである。

佐藤可士和はN702iDを全体的に鋭利な直線で構成。カラーバリエーションはRED(レッド)・WHITE(ホワイト)・SILVER(シルバー)・BLACK(ブラック)の四種類。これらのうち前者二種類は表面につややかな光沢処理が、後者二種類は細かなざらつきのあるマット処理が施されている。

メインディスプレイには2.3インチ モバイルシャインビュー液晶 (QVGA+) を採用。レシーバ横にテレビ電話用の11万画素CMOS カメラを装備する。背面には横に長いサブディスプレイを搭載。イルミネーション・ウインドウと名付けられたそれは有機ELを採用し色の文字が浮かび上がる。iチャネルに対応し、横に流れるメッセージは電光掲示板を思わせる。

サブディスプレイ横にはQRコードなどLEDライトを装備。このライトは着信時など色鮮やかに明滅するイルミネーション機能も兼ねる。ディスプレイ上端には赤外線通信ポートを備える。

しかし一方、レスポンス面で改善の余地が残されている。NEC独自のポインティングデバイスニューロポインターの搭載は見送られた。

佐藤可士和はボディのデザインだけでなく、充電スタンド(クレードル)やパンフレットのデザインも手がけている。また、N702iDのボタンや画面などで用いられている独特なフォントSAMURAI702もまた、彼の手によるものである。

歴史[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]