BlackBerry 8707h

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NTTドコモ BlackBerry 8707h
(ブラックベリー8707h)
Bbdesktop.jpg
キャリア NTTドコモ
製造 リサーチ・イン・モーション
発売日 2006年度2006年9月23日
概要
OS BlackBerry OS(Ver.4.2)
音声通信方式 W-CDMA

GSM/GPRS
((2,100MHz、米国:非対応)
(850、900、1,800、1,900MHz))

データ通信方式 3G:W-CDMA
2G:GPRS
形状 ストレート QWERTYキーボード トラックホイール
サイズ 110 × 69.5  × 19.5 mm
質量 133 g
連続通話時間 3G:165分 GSM:300分
連続待受時間 400時間
外部メモリ なし
赤外線通信機能 なし
Bluetooth あり(Bluetooth 2.0)
放送受信機能 非対応
メインディスプレイ
方式 透過型TFT液晶
解像度 320×240ドット (QVGA)
サイズ -
表示色数 約65000色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
なし
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
フェニックスブルー
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

BlackBerry 8707h(ブラックベリー 8707h)は、カナダリサーチ・イン・モーション (RIM) 製のBlackBerryシリーズのスマートフォンである。日本のほか、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、豪州と世界中で発売されている。

概要[編集]

2006年に、BlackBerryでは初のW-CDMA対応機8707シリーズが、リサーチ・イン・モーションからリリースされたため、同年9月に、初めて日本でNTTドコモのFOMA回線で利用可能となり、日本で初めてBlackBerry Enterprise Service (BES) と共に発売されたBlackBerry端末である。発売当初はOS自体が日本語に対応しておらず、表示言語、入力言語ともに英語(カナダ製のため)となっていたため、NTTドコモUSAのnamiメールという日本語用メールアプリなどが利用されていた。、2007年7月に 日本語の表示および入力機能を備えたOSバージョン4.2.2がリリースされ、OSを入れなおすことで、日本語の入力が可能となった。2008年8月には個人でもプッシュ型のメールやメッセンジャーやネットサーフィン、その他アプリケーションが利用可能なBlackBerry Internet Service (BIS) も開始され、9月にはBES、BIS共に利用可能なBlackBerry Dual Serviceに対応した。

仕様(テンプレート以外)[編集]

  • OS(デバイスソフトウェア)
    • BlackBerry 8707h Device Software ver.4.2.2.208[1]ドコモスマートフォンサイトにてデバイスソフトウェアの更新可能[2]
  • 外部接続機能 Bluetooth® Ver.2.0(headset、handsfree、serialport、DUN、PBAP)
  • miniUSBコネクタ(USB 2.0)
  • 言語 入力:英、独、仏、伊、西、中、日
  • 表示:英、独、仏、伊、西、中、日
  • メモリ RAM:64MB(フラッシュ)
  • 主なアプリケーション
    • メーラー
    • アタッチメント・ビューアー(WordExcelPDFPowerPointJPEGGIFTIFFBMPTxtZip。ファイルの種類や内容によっては閲覧できない場合がある。)
    • メッセンジャー
    • ブラウザ

機能[編集]

Eメール
POP3IMAP4Exchange ServerNotes等のメールサーバに対応。メールの着信はプッシュ型電子メールとなる。Microsoft Officeファイル・PDF・画像ファイル(GIFJPEGPNG)・TXTZIPの閲覧が可能。vCardが添付についている場合、vCardデータがアドレス帳に追加可能。
WebメールもPush発着信可能(GmailYahoo!メールHotmailLivedoor Mail etc)
インスタントメッセンジャー
1対1 1対n人(BlackBerryメッセンジャーの場合)でのメッセンジャー 着信するとバイブレーションや着信音で通知される。
BIS・BES共通メッセンジャー
  • BlackBerryメッセンジャー
BlackBerry同士複数人でメッセージの送受信が可能。裏でメールやPINメッセンジャーが動いている。
  • PINメッセンジャー
BlackBerryのPINを使ったメッセージのやり取り
BES限定メッセンジャー
BIS限定メッセンジャー
通話
  • 国内ではNTTドコモのFOMA2GHzエリアでの通話が可能(プラスエリア非対応)
  • 海外ではNTTドコモ(国際ローミング(World Wing))対応
SMS
  • SMSは国内ではNTTドコモのFOMA2GHzエリアでの利用が可能(プラスエリア非対応)
  • 海外ではNTTドコモ(国際ローミング(World Wing))対応 国際SMS利用可能
PIM&カレンダー
  • スケジュール・アドレス帳・ToDo・メモ帳・BlackBerryカレンダ
BESはMicrosoft Exchange Server、Lotus NotesのPIM機能と
BISはGoogleカレンダーとリモート同期
デスクトップソフトウェアを介しUSBでOutlookやLotus Notes等PCのオーガナイザーとの同期が図れる。(詳細次章参照)
ブラウザ
  • BlackBerryブラウザ(BES用ブラウザ)
  • Internetブラウザ(BIS用ブラウザ)
iモード非対応)その他Opera Mini等利用可能
地図機能
  • Google Maps・BlackBerry Map等 乗り換え案内 GPS連携等
その他プリインストール
その他ダウンロード可能アプリ

主な付属品[編集]

  • ACアダプタ(トラベルチャージャー)
  • USBケーブル
  • 電池パック
  • イヤホンマイク
  • キャリングケース

保守[編集]

メーカーブランド端末あんしんサービスがうけられる。そのため、3年間は故障修理無料、破損の場合(全損、水没などを除く。)も修理代金が税別5,000円以内となる。 その他に、ドコモ・スマートフォン・ケアによる、電話での操作・設定方法等のサポートを行っている。

歴史[編集]

  • 2006年6月28日 RBD52UWのテュフ・ラインランド・ジャパン(TUV)による技術基準適合証明の工事設計認証(工事設計認証番号005XYAA0018、005NYDA0070)
  • 2006年7月25日 RBD52UWのTUVによる技術基準適合認定の設計認証(設計認証番号A06-0066005)
  • 2006年9月26日 法人向けに販売開始。
  • 2007年7月   日本語の表示および入力機能を備えたOSバージョン4.2.2がリリースされ、日本語環境で利用が可能となった。
  • 2008年8月1日  個人向けにBlackBerry Internet ServiceもNTTドコモより販売が開始された[3]
  • 2008年9月1日  BlackBerry Dual Service開始。あわせてBlackBerryデータ通信パック開始。

関連項目[編集]

注記[編集]

外部リンク[編集]