N701i

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NTTドコモ FOMA N701i
キャリア NTTドコモ
製造 日本電気
発売日 2005年9月9日
概要
音声通信方式 FOMAW-CDMA
(800MHz,2GHz)
形状 折りたたみ式
サイズ 102 × 48 × 23 mm
質量 112 g
連続通話時間 約130分(音声電話時)
約80分(テレビ電話時)
連続待受時間 静止時約430時間
移動時約350時間
外部メモリ miniSDカード
256MBまで、DoCoMo発表
赤外線通信機能 あり
Bluetooth なし
放送受信機能 非対応
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 QVGA
(240×345ドット
サイズ 2.3インチ
表示色数 {{{メイン画面色数}}}
サブディスプレイ
方式 STN液晶
解像度 120×30ドット
サイズ 0.9インチ
表示色数 4096色
メインカメラ
画素数・方式 約125万画素νMaicovicon
サブカメラ
画素数・方式 約11画素画素CMOS
機能 -
カラーバリエーション
オレンジ×ブラウン
ホワイト×シルバー
ブラック×ブラック
ライトブルー×ブラウン
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

FOMA N701i(フォーマ・エヌ なな まる いち アイ)は、NECによって開発された、NTTドコモ第三世代携帯電話 (FOMA) 端末製品である。

概要[編集]

N701iは若年女性をターゲットに見据え、デザインを重視して開発された。 突起や屈曲のない扁平なボディに仕立てられ、表面は抗菌加工が施されている。 カラーバリエーションはライトブルー×ブラウン・ホワイト×シルバー・オレンジ×ブラウン・ブラック×ブラックの四種類。 N700i と同様にディスプレイ背面は外装パネル「スタイルパネル」を差し替えることができる構造となっており、デザインをより個性的なものとすることができる。 2005年9月9日の端末販売開始に合わせ、専門Webサイト スタイルプラスmode を開設している。 N701iのデザインは一定の評価を受け、ボーダフォン日本法人(現・ソフトバンクモバイル)向け端末製品 Vodafone 802N とともにグッドデザイン賞(商品デザイン部門)を受賞した。

メインディスプレイには2.3インチ モバイルシャインビュー液晶 (QVGA+) を採用。 レシーバ横にテレビ電話用の11万画素CMOSカメラを装備する。 背面には装備されたカメラは松下電器産業が開発した映像素子 νMaicovicon イメージセンサを採用したもので、解像度も125万画素と、N700iの103万画素と比べ向上している。 このほか背面にはカメラ撮影時の照明用LEDライトと、モノクロSTN液晶のサブディスプレイを装備。 本体上端には赤外線通信ポートを、ボタン部分にはニューロポインターを装備している。

歴史[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]