SH700i

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

FOMA SH700iフォーマ・エスエイチ なな まる まる アイ)は、シャープによって開発された、NTTドコモ第三世代携帯電話 (FOMA) 端末製品である。

概要[編集]

700iシリーズとしてF700iに次ぎ、2番目に発売された。外部メモリーはminiSDカード(128MBまで:ドコモ発表。それ以上は自己責任)対応である。メインカメラの性能はのCCD約126万画素。カメラは背面に斜め10度の角度で取り付けられている。テレビ電話用のサブカメラはCMOS約11万画素。また、液晶のシャープらしく、240×320ドットのモバイルASV液晶の採用により、これ以前に開発、販売されたSH900iよりも高いコントラストを発揮でき、画像などを鮮明に表示することが可能である。

iアプリは「Gガイド番組表リモコン」、「Dimo i絵文字メール」、「pop’n music SH」等のiアプリがプリインストールされている。

movaの25xiシリーズに相当する普及ラインの端末。90xiよりも端末値段を1万円前後下げて、より一層のFOMA普及をはかる。700iシリーズ共通の特徴として、テレビ電話、キャラ電、着うた、着モーションなどに対応している。全ての端末の特徴として、QVGA液晶、デコメールやFlash対応など、出来る限り901iのプラットフォームを活用している。iアプリの性能は506i相当の230KB(ダウンロード30KB、スクラッチパッド200KB)の仕様になっているが、命令セットが901i相当を簡略化したDoJa 4.0LEなので、表現力は広がっている。また、メガピクセル級のカメラを搭載とあえて押さえている。800MHz帯デュアルバンド対応は901i同様、ソフトバンクとの係争により見送られている。

2005年7月に改良型のSH700iSが発売されている。

仕様[編集]

  • ハードウェア仕様
    • 形状:折りたたみ式
    • 外部メモリー:miniSD(128MBまで:ドコモ発表。それ以上は自己責任)
    • カラー:ホワイト、シルバー、ブラック
    • サイズ:幅48mm×高さ108mm×奥行28mm(折りたたみ時)
    • 重量:122g
    • 連続通話時間:約130分(音声電話)
    • 連続待受時間:約370時間
    • メイン液晶:2.2インチ、240×320ドット、約26万色CGSカラー液晶
    • カメラ:メイン CCD約126万画素、サブ約11万画素CMOS

歴史[編集]

不具合[編集]

  • 2006年1月25日 - 通信不能になる不具合。基地局改修の影響によるもの。同様の不具合がN700iP901iP700iSH901iCN901iCにおいても発生しており、いずれもソフトウェア更新によって対処。
  • 2006年7月24日 - 特定の文字を入力して変換すると、キーの操作を受け付けなくなり、強制的に再起動してしまう不具合。日本語入力システム「ケータイShoin」によるもの。SH901iCSH901iSSH700iSSH851iSH506iCにおいても、同様のトラブルが発生している。8月中旬をめどに順次ソフトウェア更新によって対処。

外部リンク[編集]