F705i

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NTTドコモ FOMA F705i
キャリア NTTドコモ
製造 富士通
発売日 2008年1月22日
概要
OS Symbian OS + MOAP(S)
音声通信方式 3GFOMA (W-CDMA)
800MHz2GHz
形状 折りたたみ式
サイズ 106 × 49 × 13.7 mm
質量 約111 g
連続通話時間 約170分(音声電話時)
約100分(テレビ電話時)
連続待受時間 約490時間(静止時)
外部メモリ microSD
FeliCa あり
赤外線通信機能 あり
Bluetooth なし
放送受信機能 なし
メインディスプレイ
方式 TFT液晶ディスプレイ
解像度 ワイドQVGA
(240×432ドット
サイズ 2.7インチ
表示色数 約26万色
サブディスプレイ
方式 37セグメント LED
解像度 -
サイズ 37セグメント
表示色数 1色
メインカメラ
画素数・方式 約130万画素CMOS
機能 手ぶれ補正(静止画)
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
GUNJYO
YUKI
SAKURA
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

FOMA F705i(フォーマ・エフ なな まる ご アイ)は、富士通によって開発された、NTTドコモ第三世代携帯電話 (FOMA) 端末である。

概要[編集]

F703iF704iに引き続きIPX5/IPX7相当の防水に対応。防水性を高める為に、充電端子とイヤホン用端子を統合して開口部を減らしている。先代より薄型化するために、ステンレス素材を樹脂でコーティングしたハイブリッド構造をF70xiシリーズで初めて採用。その他、ディスプレイやスピーカー、マイク等は開発時点で使える薄い部品を使い、それらの工夫で前代より4.1mm薄くなり13.7mmとなり、防水ケータイ世界最薄を更新した(2007年12月17日時点)。

前機種からの進化点として、メインディスプレイに2.7インチのフルワイドQVGAを採用。何もないケータイの表面から、くっきりと浮かび上がるフローティングサインも、LEDの数が前機種の28セグメントより増加し37セグメントとなった。その他、うた・ホーダイ2in1にも対応した。

前機種同様、音楽機能も充実しており、Windows Media Audio (WMA) 形式の音楽ファイル再生に対応し、デジタル著作権管理 (Digital Rights Management) に対応している事によりNapster等の有料音楽配信サイトの利用も出来る。

外部メモリーはmicroSD(2GBまで・ドコモ発表)対応。カメラ機能は前機種から引き続き、有効約130万画素のCMOSカメラに静止画手ぶれ補正を搭載している。サブカメラは非搭載で、テレビ電話で自分の顔を送信することはできない。

その他の変更点として、同日に発表されたF905iと共に、同社FOMAらくらくホンIIIなどにも搭載されているスーパーはっきりボイスはっきりマイク機能が搭載された。

iアプリは、「ケータイ脳力ストレッチング2」、「ZOOKEEPER DX F」、「パターンクリエーター」、「地図アプリ」、「Gガイド番組表リモコン」、「iアプリバンキング」、「楽オク出品アプリ2」、「DCMXクレジットアプリ」、「iD設定アプリ」などがプリインストールされている。

主な対応サービス
DCMXおサイフケータイ うた・ホーダイ 着うたフル着うた デジタルオーディオプレーヤー(WMA)(AAC)
直感ゲームメガiアプリ Music&Videoチャネルビデオクリップ 3GローミングWORLD WING プッシュトーク
FOMAハイスピード GPSケータイお探し デコメールデコメ絵文字 iチャネル
着もじ テレビ電話キャラ電 電話帳お預かりサービス フルブラウザ
おまかせロックバイオ認証 外部メモリーへiモードコンテンツ移行 トルカ iC通信iCお引越しサービス
きせかえツールマチキャラ バーコードリーダ名刺リーダ 2in1 エリアメール

※BモードのメールはWebメールとなる。

メーカーによる宣伝[編集]

テレビコマーシャル及びカタログは、前モデルのF704iに続き、木村拓哉が出演。街中で水をかけられ、防水機能について強調している。

販売当初は木村拓哉の出演しないCMも流され、タイルの上に置かれた端末に水がかかり、このCMも防水機能について強調している。

不具合[編集]

  • 2009年1月20日現在、NTTドコモ及び富士通より不具合は発表されていない。

歴史[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]