P702i

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
NTTドコモ FOMA P702i
キャリア NTTドコモ
製造 パナソニック モバイルコミュニケーションズ
発売日 2006年2月24日
概要
OS Linux + MOAP(L)
CPU OMAP2420
音声通信方式 FOMAW-CDMA
(2GHz)
形状 折りたたみ式
サイズ 102 × 49 × 22 mm
質量 98 g
連続通話時間 約150分(音声電話時)
約100分(テレビ電話時)
連続待受時間 静止時約500時間
移動時約350時間
外部メモリ miniSDカード1GBまで、DoCoMo発表
赤外線通信機能 あり
Bluetooth なし
放送受信機能 非対応
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 QVGA
(240×320ドット
サイズ 2.2インチ
表示色数 26万2,144色
サブディスプレイ
方式 STN液晶
解像度 25×96ドット
サイズ 0.9インチ
表示色数 2色
メインカメラ
画素数・方式 約125万画素νMaicovicon
サブカメラ
画素数・方式 約11画素画素CMOS
機能 -
カラーバリエーション
ピンク
シルバー
ビター
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

FOMA P702i(フォーマ・ピー なな まる にー アイ)は、パナソニック モバイルコミュニケーションズによって開発された、NTTドコモ第三世代携帯電話 (FOMA) 端末製品である。

概要[編集]

普及型FOMAの第3弾として発売されたものとなるP700iP701iDの後継に当たる。ソフトウェアはP902iをベースに、「かんたんモード」を追加。また70xシリーズでは初めてプッシュトークに対応している。またSD-Audio(AAC)に対応し連続7時間再生が可能 ただしBluetoothに対応していないのでワイヤレス再生が出来ない。

歴史[編集]

不具合[編集]

  • 4月19日NTTドコモがソフトウェアの欠陥により、P702iの電源を切った後、再び電源を入れようとすると電源が入らなくなることがあるという事象を確認・発表
    • 発表と同時に全国での販売を中止、問題の解決まで販売を見合わせる
    • 4月25日、対応として、既存ユーザーには改善品との取り換えで対応すると発表。同時に、欠陥品のデータのバックアップのためのダイレクトメールをユーザー宅に送付。(miniSDメモリーカード64MBが添付された)
    • 5月13日、ソフトウェアの欠陥を直した、改善品の販売を開始。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]