L852i

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NTTドコモ L852i(PRADA Phone by LG)
キャリア NTTドコモ
製造 LGエレクトロニクス
発売日 2008年6月1日
概要
音声通信方式 3GFOMAW-CDMA
800MHz2GHz
データ通信方式 3GFOMAHSDPA
形状 ストレート式
サイズ 101 × 54 × 12.7 mm
質量 約92 g
連続通話時間 約140分(音声通話時)
約90分(テレビ電話時)
連続待受時間 約350時間(静止時)
外部メモリ microSD
FeliCa なし
赤外線通信機能 あり
Bluetooth なし
放送受信機能 なし
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 ワイドQVGA
(240×400ドット
サイズ 3.0インチ
表示色数 約6万5536色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約200万画素CMOS
機能 撮影用ライト
サブカメラ
画素数・方式 約30万画素CMOS
カラーバリエーション
Black
Silver(追加色)
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

FOMA L852i(フォーマ エル はち ご に アイ)は、ファッションブランドプラダLGエレクトロニクスによって共同開発された、NTTドコモ第三世代携帯電話FOMA端末である。日本国内でPRADA Phone by LG(プラダフォン バイ エルジー)のブランド名で販売される。

概要[編集]

イタリアの高級ファッションブランドプラダLGエレクトロニクスが開発段階から、共同作業で開発された。プラダの高級感と全面タッチパネルがこの端末の最大の特徴である。

2007年GSM専用端末として日本国外で発売された初代The PRADA Phone by LGKE850を、W-CDMA対応にし、日本のNTTドコモ向けにアレンジした。ドコモ向けにiモードiチャネル、ケータイお探しサービスに対応させた他、L705iXと同様、下り最大7.2MbpsFOMAハイスピードに対応する。(ただし、Music&Videoチャネルは音声のみ)。メインカメラはドイツのシュナイダー・クロイツナッハ社公認のレンズを使った、約200万画素CMOSのものが搭載される。また、テレビ電話用の30万画素CMOSのサブカメラが追加された。外部メモリーはmicroSD(2GBまで:ドコモ発表)対応。赤外線通信にも対応している。また、LG製ドコモ向け端末としては初めてフルブラウザに対応している。

ベース機種より、GSM方式の通信やBluetoothは非対応になった。また、同時期に発売されたドコモの端末と比較して、おサイフケータイには対応しない他、L705iXには対応されていたワンセグもこの端末は非対応である。

なお、当然のことながらプラダの店では販売されず、ドコモショップ家電量販店などで販売される。特製のボックスに専用のレザーケースと、スタイラスペン付ストラップ、液晶クリーナーが付属する。

2008年11月27日アジアでは日本限定となる新色「Silver」の発売が発表され、同年12月19日に発売(Silverでは、裏側に書かれてあるドコモのロゴ文字も変更された 【NTT DoCoMo→NTT docomo】。ただし、Blackは旧ロゴのまま)。

主な対応サービス
DCMXおサイフケータイ うた・ホーダイ 着うたフル着うた デジタルオーディオプレーヤー(AAC)(SDオーディオ)
直感ゲームメガiアプリ※1 Music&Videoチャネル※2/ビデオクリップ GSM3GローミングWORLD WING プッシュトーク
FOMAハイスピード※3 GPSケータイお探し デコメールデコメ絵文字 iチャネル
着もじ テレビ電話キャラ電 電話帳お預かりサービス フルブラウザ
おまかせロックバイオ認証 外部メモリーへiモードコンテンツ移行 トルカ iC通信
きせかえツールマチキャラ バーコードリーダ名刺リーダ 2in1 エリアメール
※1 - 500kBのiアプリ対応。
※2 - 音声番組のみ対応。
※3 - 下り最大7.2Mbps対応。

プリインストールiアプリ[編集]

  • 脳オン
  • FOMA通信環境確認アプリ
  • Gガイド番組表リモコン

価格[編集]

  • 2008年6月1日、docomoの携帯端末として非常に高い価格設定で発売された。バリューコースでの購入の場合、総額94,500円の端末代金である。携帯代金とともに請求される「分割払い」の場合、店頭での頭金31,500円に加え、残額63,000円を月額2,625円×24回(ヶ月)の分割払いであった。同時期発売のdocomo最上位モデルである906iシリーズの販売価格は5万円台中盤であり、これと比較しても価格設定の高さがうかがえる。[1]
  • 2008年後半には、通称「PRADAフォン割」と呼ばれる機種限定割引が行われた。これは、L852iに限って価格を値引くサービスであり、ドコモショップ等の販売店での実施が確認されている。値引き額は、21000円(2008年後半から)、42000円(2009年前半から)、63420円(2009年後半)など時期や地域によって異なる。[2]
  • 2009年11月には、mova利用者に対して5000ポイントでの契約変更の販売がダイレクトメールにて告知された。"ドコモFOMAお取替えサービスセンター"(電話)を通じて、2009年12月7日までの期間限定販売であり、先着15000名までの限定数の販売であった。5000ポイントに不足する金額分は後日利用料金とともに請求を受けることと定められている。

その他[編集]

  • 「Lifekit」にも2種類のゲーム(グラウンドゴルフ・間違い探し)が内蔵されている。iアプリと違いこちらはタッチ操作に対応している。

歴史[編集]

脚注[編集]

  1. ^ iモード端末価格調査: 906iシリーズ販売開始
  2. ^ 実施店舗の例:ドコモショップ横手店(2009年9月1日~9月30日)/ドコモショップ大森ベルポート店(PRADAフォン割 11/5~11/30) 割引額はどちらも63420円

関連項目[編集]

外部リンク[編集]