SO704i

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
NTTドコモ SO704i
キャリア NTTドコモ
製造 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ
発売日 2007年7月13日
概要
OS Symbian OS v8.1 + MOAP(S)
音声通信方式 FOMAW-CDMA
800MHz2GHz1.7GHz
形状 折りたたみ式
サイズ 105 × 47 × 18.7 mm
質量 約105 g
連続通話時間 約160分(音声電話)
約90分(テレビ電話
連続待受時間 約600時間(静止時)
約450時間(移動時)
外部メモリ microSD
FeliCa あり
赤外線通信機能 あり
Bluetooth なし
放送受信機能 なし
メインディスプレイ
方式 TFT液晶ディスプレイ
解像度 ワイドQVGA
(240×432ドット
サイズ 2.7インチ
表示色数 約26万色
サブディスプレイ
方式 有機EL
解像度 128×36ドット
サイズ 1.1インチ
表示色数 1色
メインカメラ
画素数・方式 約200万画素CMOS
機能 オートフォーカス
サブカメラ
画素数・方式 約11万画素CMOS
機能 -
カラーバリエーション
PINK×BUTTERFLY
SILVER×SHINE
PURPLE×STAR
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

FOMA SO704i(フォーマ・エスオー なな まる よん アイ)は、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(現・ソニーモバイルコミュニケーションズ)によって開発された、NTTドコモ第三世代携帯電話 (FOMA) 端末

概要[編集]

デザインは先代モデルのSO703iとほぼ同様な柔和な印象を持ち、サイズも横幅を抑えたもので、Style-Upパネルも踏襲している。先代では、パネルに合わせた「アロマシート」を同梱し、香りも楽しめるものであったが、今回は香りの代わりに Dreamy Twinkle という、白色LEDの点灯とサブディスプレイのアニメーションによって幻想的な世界観を表現した。メール受信や端末クローズ時には、点灯パターンの組み合わせでそれぞれ5種類の異なる表情を持つ。Style-Upパネルは、9種類が準備されている。SO703i用のStyle-Upパネルも着用できるが、着せ替えメニューには対応していない。また、SO703i用Stlye-Upパネルは Dreamy Twinkle を意識した作りではなく、ぼやけた円状の白色LEDの点灯になる。

ディスプレイは前機種からさらに進化。従来機より約150%拡大したソニー製2.7インチフルワイド液晶に、新開発のカラーフィルターを採用することで色再現領域がNTSC比約90%を実現した。高画質技術も前機種から継承した「RealityMAX」に加えて、新たにカラーエンハンサーも採用し、ディスプレイの彩度を自動で調整してこれまで再現できなかった、くっきり感が増して締まった色表現が可能になった。

カメラは、先代同様の有効約200万画素のCMOSカメラを搭載するが、新たにオートフォーカス機能を搭載した。

デジタルオーディオプレーヤーを搭載し、SonicStage からの楽曲転送に対応している。ただし先代と同様、著作権保護のかけられていない AAC のみの対応となっている。付加機能(イコライザ等)も少ない。

なお、次世代機のSO705iから、同社の7シリーズはNECによるOEM生産となり、OSLinuxが採用されたため、この端末は本来のSOシリーズのUIを採用した最後の7シリーズとなる。

主な対応サービス
DCMXおサイフケータイ うた・ホーダイ 着うたフル着うた デジタルオーディオプレーヤー※(AAC)
直感ゲームメガiアプリ Music&Videoチャネルビデオクリップ 3Gローミング プッシュトーク
FOMAハイスピード GPSケータイお探し デコメールデコメ絵文字 iチャネル
着もじ テレビ電話キャラ電 電話帳お預かりサービス フルブラウザ
おまかせロックバイオ認証 外部メモリーへiモードコンテンツ移行 トルカ iC通信iCお引越しサービス
きせかえツールマチキャラ バーコードリーダ名刺リーダ 2in1 エリアメール

バックグラウンド再生には非対応。

プリインストールiアプリ[編集]

  • LocoRoco Mobile for SO
  • 楽オク出品アプリ
  • iアプリバンキング
  • ケータイクレジット「iD (アイディ)」
  • DCMX」クレジットアプリ
  • Gガイド番組表リモコン

不具合[編集]

歴史[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]