P702iD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
NTTドコモ FOMA P702iD
P702iDスクエアホワイト
キャリア NTTドコモ
製造 パナソニック モバイルコミュニケーションズ
発売日 2006年8月31日
概要
OS Linux + MOAP(L)
CPU OMAP2420
音声通信方式 FOMAW-CDMA
(800MHz,2GHz)
形状 折りたたみ式
サイズ 100 × 49 × 19.7 mm
質量 100 g
連続通話時間 約140分(音声電話時)
約90分(テレビ電話時)
連続待受時間 約500時間(静止時)
約350時間(移動時)
外部メモリ miniSDカード2GBまで、DoCoMo発表
FeliCa なし
赤外線通信機能 あり
Bluetooth なし
放送受信機能 非対応
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 QVGA
(240×320ドット
サイズ 2.2インチ
表示色数 262,144万色
サブディスプレイ
方式 有機EL
解像度 96×25ドット
サイズ 0.8インチ
表示色数 単色(青色)
メインカメラ
画素数・方式 約130万画素CMOS
機能 -
サブカメラ
画素数・方式 約10万画素CMOS
機能 -
カラーバリエーション
スクエア・ホワイト
スクエア・ブラック
ラウンド・シルバー
ラウンド・コーラル
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

FOMA P702iD(フォーマ ピーななまるにアイディー)は、パナソニック モバイルコミュニケーションズによって開発された、NTTドコモ第三世代携帯電話FOMA端末製品である。

概要[編集]

2005年に発売されたP701iDの後継モデルに相当する。スクエアタイプラウンドタイプが存在するが、スクエアタイプはホワイトとブラック、ラウンドタイプはシルバーとコーラルといったように、形状によってカラーが決まっている。

「iD」の端末であり、デザイナーズケータイである。本機は佐藤卓のデザインによるものである。

背面液晶は、STN液晶から有機ELに変更されており、P701iDの時のように背面ディスプレイ部の出っ張りが無くなり、文字もくっきり表示されるようになった。

また、文字入力はP902iS相当の物が搭載されている。

着信時のライトは、一見カメラレンズの脇にある場所で光るように思われるが、これはカメラ撮影時の補助光を発する場所である。着信時には、カメラ部周辺の黒い部分と、(右写真で)右端との間にある、一見何もないように見える部分が光る。この部分に円形の光を発する(端末の設定で光らせないようにすることも可能)。パターンによっては、淡く点いたり消えたり、キャンドルのようにゆらぐように点いたりもする(下記「ヒカリドロップス」も参照)。

音楽はSD-Audio(AAC/AAC+SBR)のほか、70xiシリーズとしては初めて着うたフルにも対応した。また、プッシュトークにも対応している。

この端末のボタンは黄緑色に光る。

受信メールは1000件、送信メールは400件保存できる。

プリインストールされているiアプリは、Gガイド番組表リモコン・ケータイコーディネーター(着信画像などをセットでダウンロードできる)・カウントダウンTRAIN-P(鉄道時刻表を取得して発車時刻までカウントダウンを行う)、リバーシ(オセロ。初級・中級・上級を選択できる)の4種類である。

主な特長[編集]

  • Feel*Talk(フィールトーク) 通話終了後に独特のキャラクター棒人間に近い)が様々な動作をする動画が残り、会話の雰囲気を再現する機能。通話履歴からも呼び出し・再生ができる。ただし、テレビ電話プッシュトークではFeel*Talkは現れない。また、端末操作によってFeel*Talkのオン・オフを設定することができる。
  • ヒカリドロップス 着信時などに豊かな色彩表現で光る。様々な発光パターンがある。

歴史[編集]

不具合[編集]

2007年4月末日現在、特に大きな不具合は発見されていない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]