SA700iS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NTTドコモ FOMA SA700iS
オープン時
クローズ時
キャリア NTTドコモ
製造 三洋電機
発売日 2005年10月1日
概要
OS REX OS + BREW
CPU ARM9E
音声通信方式 FOMAW-CDMA
800MHz2GHz
形状 折りたたみ式
サイズ 101 × 50 × 24 mm
質量 117 g
連続通話時間 約140分間(音声通話)
約90分間(テレビ電話)
連続待受時間 約330時間(静止時)
約250時間(移動時)
充電時間 -
外部メモリ miniSD
日本語入力 -
FeliCa 非対応
赤外線通信機能 対応
Bluetooth 非対応
放送受信機能 非対応
備考 GPS対応
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 240×320ドット (QVGA)
サイズ 2.2インチ
表示色数 約6万色
サブディスプレイ
方式 有機EL
解像度 96×64ドット
サイズ 0.9インチ
表示色数 モノクロ
メインカメラ
画素数・方式 約103万画素CCD
サブカメラ
画素数・方式 約11万画素CMOS
カラーバリエーション
メルティホワイト
グレイスブルー
シュプールレッド
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

FOMA SA700iSフォーマ・エスエー なな まる まる アイ エス)は、三洋電機(大阪、現・京セラSANYOブランド)によって開発された、NTTドコモ第三世代携帯電話 (FOMA) 端末製品である。

概要[編集]

三洋電機初のFOMA端末であり、ドコモ向け端末としても6~7年ぶりである。701iと同時発表であるが、「iチャネル」非対応のため型番は700iSに留まっている。

GPS機能[編集]

FOMA初のGPS搭載端末である[1]。ナビ技術はNAVITIMEにより提供され、auKDDI沖縄セルラー電話)のEZナビウォークと異なりiモード情報料は無料である(別途パケット通信料はかかる。また、2008年12月31日までのサービス予定と当初から示されており、現在ナビゲーション機能は使用不可。GPSは使用可)。GPS機能を搭載していることからケータイお探しサービスに対応している他、イマドコサーチの位置情報をGPS取得のものを使える。

REX OS & BREW採用[編集]

ドコモではLinuxSymbian OSを携帯電話プラットフォームとして採用しているが、三洋電機[2]はドコモ撤退後もKDDIでau携帯電話の製造を続けており、その実績から前述のOSを使わず、au携帯電話で現在主流となっている米国クアルコム社製の携帯電話プラットフォームREX OSとBREWを併用して採用している。発売当時はLinux、Symbian OSは共にドコモ向けのチューニングが十分でなく、動作がもたつくことが多く見られたが、長い実績を持つBREWを採用したことにより、同時期の他機種と比べ非常に軽快な動作となっていることが特徴的である。2009年夏モデルまでの機種でも互角の軽快さを持つFOMAはほぼ存在していない。当時KDDIで「BREWでは実装上不可能」とされてきたJavaアプリケーションはBREWで動作するJavaVMを開発し搭載することで実現している。

歴史[編集]

不具合[編集]

  • 2006年2月28日公表
    • GPS機能の「定期現在地通知設定」にて、開始時間と終了時間を同一時刻に設定した場合に、始めの1回のみの通知となる。
    • iモードメールのメールアドレスをアカウントのみ、またはメールアドレス全体が半角50文字で電話帳に登録している場合、メールの発信元または宛先が、電話帳に登録している名前で表示されずにメールアドレスで表示される。

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ 但し電子コンパスを装備していない為ヘディングアップが不十分である。
  2. ^ 同社の携帯電話事業部は2008年4月以降より京セラに移管した。

外部リンク[編集]