F1100

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NTTドコモ FOMA F1100
キャリア NTTドコモ
製造 富士通
発売日 2008年3月17日
概要
OS Windows Mobile 6
音声通信方式 FOMAW-CDMA
(800MHz/2GHz)
データ通信方式 HSDPA
無線LAN (IEEE 802.11a/b/g)
形状 スライド式
サイズ 112 × 51 × 16.9 mm
質量 134 g
連続通話時間 約190分(音声電話時・FOMA)
連続待受時間 約350時間(静止時・FOMA)
外部メモリ microSD
(2GBまで)
(ドコモ発表)
日本語入力 あり
FeliCa なし
赤外線通信機能 あり
Bluetooth あり(2.1)
放送受信機能 非対応
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 240×320ドット
サイズ 2.6インチ
表示色数 26万2336色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約130万画素CMOS
機能 なし
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
ダークワイン
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

FOMA F1100(フォーマ・エフ せんひゃく)は、富士通によって開発された、NTTドコモ第三世代携帯電話 (FOMA) 端末製品である。

概要[編集]

  • FOMAハイスピードに対応したことより、ブラウジングが快適になった。Windows Media Audio形式の音楽ファイル再生に対応、またデジタル著作権管理(Digital Rights Management)に対応しているが、Napster等の有料音楽配信サイトは非対応で、他にMP3AACにも対応しており、バックグラウンド再生にも対応しており、連続再生時間は約16時間可能である。
  • セキュリティ関連は、富士通のお家芸とも言える「指紋認証」が裏側に搭載されており、「遠隔ダイヤルロック」やウイルス対策機能として「セキュリティスキャン」も搭載しており十分なセキュリティ機能が搭載していると言える。
  • 画面サイズは、2.6インチで、240×320ドットQVGAを採用しており、ダイヤルボタンはあるがスライド式のテンキーを採用し、ユーザーが機能割り当てられる4つのワンタッチキーを採用している。
  • メインカメラの性能はCMOS約130万画素を搭載しているが、サブカメラは非搭載で、テレビ電話は対応していない。
  • 外部メモリに関してNTTドコモでは、2GBまでのmicroSDに対応している。それ以上の容量(microSDHCカード)に関しては自己責任となる。
  • VoIP対応を謳って発売されたが、SIPへの登録に問題が残るなど、発売から半年近く経つも、法人営業のラインアップに載っていない。NECのN906iL発売以降は、完全に無視された形になっていた。しかし2008年10月21日PASSAGE DUPLEビジネスmoperaIPセントレックスに対応するための、ソフトウェアが公開され、いよいよ企業内内線に対応することになった。[1]
主な対応サービス
DCMXおサイフケータイ うた・ホーダイ 着うたフル着うた ミュージックプレーヤー(WMA)(AAC)
直感ゲームメガiアプリ Music&Videoチャネルビデオクリップ GSM3Gローミング プッシュトーク
FOMAハイスピード GPSケータイお探し デコメールデコメ絵文字 iチャネル
着もじ テレビ電話キャラ電 電話帳お預かりサービス フルブラウザ
おまかせロック/バイオ認証 外部メモリーへiモードコンテンツ移行 トルカ iC通信iCお引越しサービス
きせかえツールマチキャラ バーコードリーダ名刺リーダ 2in1 エリアメール

歴史[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ F1100ソフトウェアアップグレードのお知らせ

外部リンク[編集]