WS020SH

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウィルコム WILLCOM 03 (WS020SH)
WILLCOM 03 WS020SH.jpg
キャリア ウィルコム
製造 シャープ
発売日 2008年6月27日
概要
OS Microsoft Windows Mobile 6.1 Classic
CPU Marvell PXA270 プロセッサ 520MHz
音声通信方式 W-SIMに依存
データ通信方式 W-SIMに依存、又はIEEE 802.11b/g
形状 スライド式
サイズ 116 × 50 × 17.9 mm
質量 135 g
連続通話時間 約6時間
連続待受時間 約420時間
充電時間 約3.5時間
内部メモリ フラッシュメモリ256MB
SDRAM 128MB
外部メモリ microSD
日本語入力 Microsoft IME
MobileSHOIN
ダイヤルキー入力
QWERTY配列キー入力
赤外線通信機能 IrDA1.2/IrMC 1.1/IrSimpleIrSS
Bluetooth Ver. 2.0
ワンセグ 内蔵
備考 USBホスト機能対応、パソコン用USB接続通信モデム機能対応
メインディスプレイ
方式 タッチパネルモバイルASV液晶
解像度 800×480(ワイドVGA
サイズ 3インチ
表示色数 65,536色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約200万画素CMOS
機能 静止画・動画撮影、QRコード認識、名刺認識
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
ゴールドトーン
ライムトーン
ピンクトーン
ブラックトーン
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

WS020SHシャープが開発し、ウィルコム向けに供給される携帯情報端末スマートフォン)、PHS。通称WILLCOM 03(ウィルコム ゼロスリー)。

概要[編集]

2008年5月26日にWILLCOM FORUM & EXPO 2008で発表され、6月27日に発売された。

W-ZERO3シリーズの後継と位置付けられ、Advanced/W-ZERO3 [es] (WS011SH) の後継機である。 全長が19mm小型化、ワンセグチューナーの追加、Bluetoothの追加、液晶面のフラット化といった改良が加えられ、同機の特徴だったXcrawl(エクスクロール)に代って、新たにイルミネーションキーが採用された。また、サイズダウンにより標準のバッテリ容量が減少したため、通話時間および待ち受け時間が短縮されたが、節電機能の強化により消耗が補われている。

アカデミックパック[編集]

2008年9月11日にはアカデミックパックが発売された。これは中学校以上の教育機関に所属する学生及び教職員に対してのみ販売される。11の辞書を収録したmicroSDカードが同梱されるほか、W-VALUE SELECTを利用して購入する際の月額料金の割引額が増額される事で負担額が減り、実質の値引がされている。

沿革[編集]

  • 2008年5月27日 - WILLCOM FORUM & EXPO 2008にて発表。
  • 2008年6月20日 - 予約開始
  • 2008年6月27日 - 発売
  • 2008年9月11日 - アカデミックパック発売
  • 2008年11月7日 - ファームウェアアップデートにより「microSDHC」に対応した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]