CFE-02

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィルコム CFE-02
CFE-02.jpg
PCカードアダプタ装着時
キャリア ウィルコム
製造 NECインフロンティア
発売日 2001年11月2日
概要
音声通信方式 なし
データ通信方式 AirH"
32Kつなぎ放題コース

PIAFS(64K・32K)
形状 コンパクトフラッシュ型 Type2
サイズ 51 × 42.8 × 5 mm
質量 16 g
連続通話時間 接続機器に依存
連続待受時間 接続機器に依存
外部メモリ なし
赤外線通信機能 なし
Bluetooth なし
放送受信機能 なし
メインディスプレイ
なし
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
なし
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

CFE-02は、NECインフロンティアが開発した、DDIポケット(現ウィルコム)向けコンパクトフラッシュ形 Type2データ通信端末製品である。

概要[編集]

このデータ端末は、同時期に発売されたTDK「RH2000P」と共に、最初期に発売されたAirH"(現AIR-EDGE)対応のコンパクトフラッシュ型端末である。本体の色調は黒色を採用している。

PCカードスロットのあるPCでは、付属しているアダプターで端子変換した上で利用出来る(同時期のノートPCは、PCカードスロットがあるのが一般的だった)。

通信形式は、AirH"は32Kつなぎ放題(32K×1)コースのみに対応し、「RH2000P」では利用できる64Kフレックスチェンジ(ネット25)や、この機種の販売直後に開始された128Kつなぎ放題(32K×4)には対応していない。また、PIAFS(64k・32k)に対応している。

付属品は取扱説明書及び保証書、先に触れたPCカードアダプタの他に、本体用ケース・PCカードアダプタ用ケース・ドライバ・ユーティリティソフトウェアCD-ROMが付属している。

仕様(テンプレート外)[編集]

歴史[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]