WX330K

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィルコム WX330K
WX330K-SilverMetallic-Front-2017092201.jpg
シルバーメタリック正面
WX330K-SilverMetallic-Leftside-2017092201.jpg
シルバーメタリック左側面
キャリア ウィルコム
製造 京セラ
発売日 2008年3月6日
概要
OS μITRON
CPU SH-Mobile
音声通信方式 PHS W-OAM
(1.9GHz)
データ通信方式 4x/2x/1xパケット方式、フレックスチェンジ方式、64k/32kPIAFS方式
形状 折りたたみ型
サイズ 103.5 × 50 × 15.6(閉じている状態の最薄部) mm
質量 112 g
連続通話時間 約7.5時間
連続待受時間 約580時間
充電時間 約3時間 ※USB充電時は急速約3.5時間&通常約35時間
外部メモリ microSD
日本語入力 オムロン・Advanced Wnn V2
赤外線通信機能 IrSimple1.0/IrMC1.1
Bluetooth なし
ワンセグ なし
備考 Java MIDP2.0
メインディスプレイ
方式 全透過型TFT液晶
解像度 320×240ピクセル
サイズ 2.4インチ
表示色数 262,144色
サブディスプレイ
方式 液晶
解像度 74×14ピクセル
サイズ
表示色数 モノクロバックライト26色
メインカメラ
画素数・方式 130万画素CMOSイメージセンサ
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
オニキスブラック
パールホワイト
トルマリンピンク
シルバーメタリック
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

WX330Kは、ウィルコム向けに供給された京セラPHSW-OAM)端末である。

概要[編集]

ウィルコム向け京セラ製PHSのWX320Kの後継機種。

薄さ15.6mmのボディに新サービスデコラティブメールへの対応や赤外線通信の対応など、携帯電話端末としての基本的な機能に対応する事で完成度を増したといえる。

アンテナの内蔵や鏡面仕上げのディテールなど、これまでの端末と比べて上質な質感も特徴である。microSDカードスロットも装備され、ヘヴィユーザーの要望にも応える形となっている。

沿革[編集]

  • 2008年1月21日 発表
  • 2008年3月6日 発売
  • 2008年8月20日 新色シルバーメタリック発売。これ以降の出荷分は管理者ロック機能を追加。既に端末を購入しているユーザーもバージョンアップで追加可能。

各種仕様[編集]

  • 外部端子 microUSB TypeB(USBデータケーブル同梱) CDC準拠モードとモデム&ユーティリティ併用モードで切り替え可能
  • バッテリ リチウムイオン LD330K 750mAh/3.7V
  • サウンド機能 64ch MIDIファイル, feelsoundファイル再生対応
  • フォント NEC FontAvenue
  • Webブラウザ Opera for SmartPhone Ver 7.2EX
  • 電子メールクライアント NetFront Messaging Client[1]
  • 電話機の管理者が電話機の機能を制限できる管理者ロック機能対応
  • w+(ダブリュー)Book対応
  • Javaアプリ対応

脚注[編集]

  1. ^ ウィルコム向けに「NetFront Mobile Client Suite」を提供し、「デコラティブメール」を実現

外部リンク[編集]