WS016SH

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウィルコム Ultra Mobile WILLCOM D4 (WS016SH)
キャリア ウィルコム
製造 シャープ
発売日 2008年7月11日
概要
OS Windows Vista Home Premium with Service Pack 1
CPU Intel Atom プロセッサー Z520(1.33GHz)
音声通信方式 W-SIMに依存、又はIEEE 802.11b/g
サイズ 84 × 188 × 25.9 mm
質量 460 g
連続待受時間 約1.5時間 (標準バッテリー使用時)、約4.5時間(大容量バッテリー使用時)
充電時間 約3時間(標準バッテリー使用時)、約7時間(大容量バッテリー使用時)
内部メモリ 1GB(DDR2-533、PC2-4200対応)
外部メモリ microSD(最大8GBまで使用可、Windows ReadyBoost非対応)
日本語入力 Microsoft IME
QWERTY配列キー入力
赤外線通信機能
Bluetooth 2.0+EDR 内蔵
ワンセグ 内蔵
メインディスプレイ
方式 タッチパネル5型ワイドTFT液晶(WSVGA対応、LEDバックライト)
解像度 1,024×600、800×600
サイズ 5インチ
表示色数 最大262,144色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約198万画素CMOS
機能 静止画・動画撮影
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
ブラック
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

WS016SHシャープが開発し、ウィルコム向けに供給されていたUltra-Mobile PCPHS。通称WILLCOM D4(ウィルコム ディーフォー)。

概要[編集]

インテル Centrino Atom プロセッサを搭載した世界初のUMPCとなる。発売当初、Office Personal 2007が標準でプリインストールされていた。

重量が500g以下と他の軽量PCなどと比較しても最軽量の部類である。バッテリー容量も7.4V/960mAhと、少ない部類に入る。その対応策として、7.4V/2880mAhの交換用大容量バッテリーが発売されている。また、当製品の発売を記念して、期間中に新規契約・機種変更をしたユーザーに、大容量バッテリーパックをプレゼントするキャンペーンも企画され、2008年8月末まで行われた。

また、学生や教職員向けに、電子辞書機能を追加した上で、通常版と比べ価格を下げたアカデミックパックの発売が同年6月19日に発表された。

2008年9月4日には、Office Personal 2007をプリインストールしない代わりに大容量バッテリーを標準搭載したVer.Lが発売されたものの、シャープが2009年をもってPC(メビウスシリーズ)生産自体を打ち切ったことに伴い、本機種も在庫限りで販売終了となった。

発売延期[編集]

4月14日の発表当初は、6月中旬の発売予定だった。しかし、「最終的なチューニングに時間がかかっているため」として7月中旬に延期した。6月17日に改めて、予約開始日を7月4日、発売日を7月11日とした。

沿革[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]