MC-P300

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ウィルコム MC-P300
MC-P300.jpg
本体
キャリア ウィルコム
製造 セイコーインスツル
発売日 2001年6月1日
概要
音声通信方式 イヤホン・専用ソフトで対応
データ通信方式 AirH"
32Kつなぎ放題コース
64Kフレックスチェンジ

PIAFS(64K・32K)
形状 PCカード型 Type II
サイズ 114 × 54 × 13 mm
質量 48 g
連続通話時間 接続機器に依存
連続待受時間 接続機器に依存
外部メモリ なし
赤外線通信機能 なし
Bluetooth なし
放送受信機能 なし
メインディスプレイ
なし
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
なし
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
水色
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

MC-P300は、セイコーインスツルメンツ(現セイコーインスツル(SII))製のDDIポケット(現ウィルコム)向けPCカード形データ通信端末である。

概要[編集]

2001年6月1日の、AirH"(現AIR-EDGE)のサービスインに合わせて発売された端末で、当時唯一販売された端末でもある。

端末形状はPCカード型 Type IIを採用し、本体の色調は水色を採用している。発売当日に開始された、AirH"の64Kフレックスチェンジ方式に対応。同年8月29日にサービスインした、AirH"の32Kつなぎ放題コース(32K×1)にも対応している。

その他、従来からのデータ通信のPIAFS(64K ・32K)の他、パソコンに専用ソフトをインストールした上で、イヤホンを本体にある端子に差し込んだ上で音声通話をする事も出来た。

付属品は、取扱説明書と保証書の他に、ソフトケースが付属していた。

本機種が販売されて以降の、AirH"の128Kつなぎ放題コース(32K×4)及びそれ以降のサービスには対応していない。

仕様(テンプレート外)[編集]

歴史[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]