W-ZERO3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウィルコム W-ZERO3 (WS003SH/WS004SH)
W-ZERO3 (WS004SH) ガンメタリック
キャリア ウィルコム
製造 シャープ
発売日 2005年12月14日(WS003SH)
2006年6月22日(WS004SH)
概要
OS Windows Mobile 5.0 for PocketPC
CPU インテル PXA270 プロセッサ 416MHz
音声通信方式 W-SIMに依存
データ通信方式 W-SIMに依存、またはIEEE 802.11b
形状 スライド式
サイズ 130 × 70 × 26 mm
質量 220 g
連続通話時間 5時間
連続待受時間 200時間
充電時間 3.5時間
内部メモリ フラッシュメモリ(データフォルダ)
SDRAM 64MB
外部メモリ miniSD
日本語入力 Microsoft IME
赤外線通信機能 なし
Bluetooth なし
メインディスプレイ
方式 タッチパネルモバイルASV液晶
解像度 640×480(VGA) 216ppi
サイズ 3.7インチ
表示色数 65536色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約133万画素CMOS
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
ブラック
(WS003SH)
シャンパンシルバー
(WS003SH)
ガンメタリック
(WS004SH)
パールホワイト
(WS004SH)
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

W-ZERO3(ダブリュー・ゼロスリー)はシャープウィルコム(現:ワイモバイル)・マイクロソフトの3社が共同開発し、ウィルコム向けに供給された携帯情報端末(PDA)、スマートフォンPHS。また、そのシリーズ機やシリーズ全般を指す場合もある。

本稿では主に、大型の液晶を搭載した狭義でのW-ZERO3(WS003SH,WS004SH)について解説する。

シリーズ機として他に、ダイヤルキーを搭載し小型化したW-ZERO3 [es](WS007SH)、及びその後継機Advanced/W-ZERO3 [es](WS011SH)、Advanced/W-ZERO3 [es]の後継機WILLCOM 03(WS020SH)などがある。これらについては各記事を参照のこと。

概要[編集]

名前の由来は、「W」はウィルコムの英語表記「WILLCOM」、搭載OSである「Windows Mobile」、 無線LANとPHS端末機能を表す「Wireless」のそれぞれの頭文字を、「ZERO」は携帯電話PCも超えた新たなものを作り上げていくという意味を、「3」は「第3のコミュニケーションと、PHS通信、PHSボイス、無線LANという3WAYコミュニケーション」の意味で名づけられた。

基本的にはPocketPCの後継OSであるWindows Mobileを搭載したPDAである。また、通信機能を内蔵したスマートフォンでもあり、PHS端末としての音声通話機能、Eメール送受信機能やライトメール機能も併せ持っている。

PDAとしての大きな特徴として、タッチパネル液晶画面の他、入力デバイスとしてバネ付きスライド機構のQWERTY配列キーボードを搭載している。通常、キーボードは本体下部に格納されており、下部を右にずらすことで現れる。また、Microsoft ActiveSyncを使ってパソコンとデータを同期することができる。

主な通信機能はW-SIMおよび内蔵型無線LANIEEE 802.11b準拠)によって提供される。付属のUSBケーブルを用いてパソコン本体と接続することにより、W-ZERO3をモデムとして利用することも可能。

ブラウザはInternet Explorer Mobileがプリインストールされているほか、ウィルコムの公式ポータルサイトであるCLUB AIR-EDGEより、Opera for W-ZERO3が無償で提供されている。また、Microsoft Office Mobileがプリインストールされており、データの閲覧だけでなく編集も可能である。

そのほかにも、個人・企業で開発されているWindows Mobile対応アプリケーションをAIR-EDGEやPC経由でインストールすることができ、自分好みの仕様にすることも可能である。このようなソフトウェア面でのカスタマイズの自由さも、W-ZERO3の人気の理由のひとつである。

端末[編集]

WS003SH[編集]

2005年12月14日発売。初代W-ZERO3。キーボード搭載のスマートフォンとして、その発表と同時に注目を集めた。シャープ製端末はDDIポケット時代には供給実績が無く、ウィルコム初である。予約受付開始日には店頭に200人以上が並び[1]、予約で初回出荷分が満了するなど、発売即日に完売する店舗が続出した。ウィルコムストアも注文が殺到したためにサーバが異常に繋がりにくくなり、抽選販売が行われる[2]など、長らく低迷が伝えられていたPDA業界では久々のスマッシュヒットとなる機種となった。発売後6か月足らずで販売台数15万台を達成した[3]。設定カラーは当初「ブラック」(B)のみで、2006年3月に「シャンパンシルバー」(S)が追加発売された。

WS004SH[編集]

2006年6月22日発売。ブランドはWS003SHと同じW-ZERO3。WS003SHのハイスペック版として、内蔵フラッシュメモリを256MBに増強し、Windows Mobile 5.0の最新版のセキュリティ関連のアップデートが加えられた。そのほか電子辞書ソフトウェアの「DicLand」をプリインストールし、Eメールや、ライトメール用のアプリケーションが改良されたモデル。設定カラーはガンメタリック、パールホワイトの2色である。

WS007SH[編集]

2006年7月27日発売。ブランドはW-ZERO3 [es](ダブリュ・ゼロスリー・エス)。液晶のサイズを2.8インチに抑えると共にダイヤルキーを搭載し、スタイルもより携帯電話に近い物としたモデル。

WS011SH[編集]

2007年7月19日発売。ブランドはAdvanced/W-ZERO3[es](アドバンスト・ダブリュ・ゼロスリー・エス、略称「アドエス」)。Windows Mobile 6.0搭載、WS007SHの後継機として液晶の大型化しつつ筐体の小型化、WS007SHで省かれた無線LAN機能が復活、Xcrawl(エクスクロール)、赤外線通信などの新たな機能が追加されたモデル。

WS020SH[編集]

2008年6月27日発売。ブランドはWILLCOM 03(ウィルコム ゼロスリー)。Windows Mobile 6.1搭載、WS011SHの後継機として全長の小型化、ワンセグチューナーやBluetoothの追加、メインカメラの高画素化、イルミネーションキーの採用といった改良が加えられているモデル。

WS027SH[編集]

2010年1月28日発売。ブランドはHYBRID W-ZERO3(ハイブリッド・ダブリュ・ゼロスリー)。Windows Mobile 6.5搭載、「W-OAM typeG」対応W-SIMと「W-CDMA(3.5G)」(WILLCOM CORE 3G)対応によるデータ通信に両対応している。また、PHS方式W-SIMモジュールを抜いてサードパーティオプションのGSM方式W-SIMモジュールを刺すことで海外のGSM方式エリアでの通信も利用できる。GSM用のSIMカードスロットは本体側に用意してある。

各機種の比較[編集]

機種名 W-ZERO3 W-ZERO3 [es] Advanced /
W-ZERO3 [es]
WILLCOM 03 HYBRID
W-ZERO3
WS003SH WS004SH WS007SH WS011SH WS020SH WS027SH
発売日 2005年
12月14日
2006年
6月22日
2006年7月27日 2007年7月19日 2008年6月27日 2010年1月28日
OS Windows Mobile 5.0[※ 1] Windows
Mobile 6[※ 2]
Windows
Mobile 6.1[※ 3]
Windows
Mobile 6.5[※ 4]
CPU Intel PXA270 416MHz Marvell PXA270 520MHz Qualcomm MSM7200A、
ARM11 528MHz
画面 種類 モバイルASV液晶(タッチパネル、バックライト付)
解像度 640×480ドット 800×480ドット 480×800ドット 480×854ドット
大きさ 3.7 2.8型 3型 3.5型
色数 65,536色 262,144色
FlashROM 合計 128MB 256MB 128MB 256MB 512MB
ユーザーエリア 不明 197MB[※ 5] 60MB 155MB[※ 6] 135MB[※ 7] 不明
SDRAM(ワークエリア) 64MB 128MB 256MB
通信機能 PHS W-SIM W-OAM対応W-SIM W-OAM typeG対応W-SIM
ワイヤレスLAN IEEE802.11b - IEEE802.11b/g
赤外線通信 - IrDA1.2/IrMC1.1/IrSS IrDA1.2 /IrMC1.1
Bluetooth - Bluetooth 2.0
W-CDMA - W-CDMA
800/2100MHz、
HSDPA 7.2Mbps、
HSUPA 5.7Mbps、
カードスロット miniSDカードスロット microSDカードスロット
W-SIMスロット
- FOMAカードスロット
接続端子 USB端子
(miniBコネクター)
USB端子
(miniABコネクター)
USB端子
(microABコネクター)
イヤホンマイク端子(平型)
- 赤外線通信ポート
- 卓上ホルダ
接続端子
-
電源 リチウムイオン充電池、ACアダプター
連続通話時間 5時間 7時間 6時間 5時間
連続待受時間 200時間[※ 8] 500時間[※ 8]
300時間[※ 9]
420時間[※ 8]
250時間[※ 9]
400時間[※ 10]
200時間[※ 11]
テレビ機能 - ワンセグ -
カメラ有効画素数 133万画素 131万画素 200万画素[※ 12] 500万画素[※ 13]
日本語入力システム Microsoft IME Microsoft IME、ATOK Microsoft IME、
ケータイShoin[※ 14]
Microsoft IME、
ケータイShoin[※ 15]
外形寸法(本体閉時、
突起部除く/最薄部)
70×130×26mm 56×135×21mm 50×135×17.9mm 50×116×17.9mm 53×120×16.9mm
質量(充電池含む) 220g[※ 16] 175g[※ 16] 157g 135g 158g
  1. ^ Microsoft Windows Mobile 5.0 software for Pocket PC 日本語版
  2. ^ Microsoft Windows Mobile 6 Classic 日本語版
  3. ^ Microsoft Windows Mobile 6.1 Classic 日本語版
  4. ^ Microsoft Windows Mobile 6.5 Professional 日本語版
  5. ^ 出荷時の空き容量は169MB
  6. ^ 出荷時の空き容量は107MB
  7. ^ 出荷時の空き容量は60MB
  8. ^ a b c 電波状態ランプ消灯時
  9. ^ a b 電波状態ランプ点灯時
  10. ^ W-CDMA OFF時
  11. ^ W-CDMA ON時
  12. ^ オートフォーカス付
  13. ^ 手ブレ補正、オートフォーカス対応
  14. ^ ケータイShoin6 for WS020SH
  15. ^ ケータイShoin for WS027SH
  16. ^ a b スタイラス含む

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ITmedia +D モバイル:「W-ZERO3」予約に行列、200人
  2. ^ ITmedia +D モバイル:「W-ZERO3」予約でウィルコムストアがパンク
  3. ^ W-ZERO3の販売台数は15万台、夏モデルは別の機会に - ケータイWatch

外部リンク[編集]