WX03S

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィルコム WX03S
キャリア ウィルコム
製造 セイコーインスツル
発売日 2012年12月13日
概要
音声通信方式 PHS W-OAM
形状 ストレート型
サイズ 124 × 50 × 13.6 mm
質量 111 g
連続通話時間 約14時間(給電設定:マニュアルモード時)
連続待受時間 約1100時間(給電設定:マニュアルモード時)
充電時間 約2.5時間
外部メモリ なし
電子決済機能 なし
赤外線通信機能 IrDA
Bluetooth V2.1+EDR[1]
ワンセグ なし
メインディスプレイ
方式 TFT
解像度 QVGA(240×320ドット)
サイズ 2.4インチ
表示色数 65,536色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
なし
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
エメラルド
レッド
ホワイト
ブラック
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

WX03S(ダブリューエックスゼロサンエス)とは、ウィルコム向けに供給されているセイコーインスツル(SII)製の音声用PHSW-OAM)端末である。愛称はENERUS(エネルス)。

概要[編集]

PORTUS WX02Sの後継機種で、本体に内蔵されたバッテリーでスマートフォンに給電を行うことが可能である。ただし、WX02Sと異なりWi-Fiルーター及びULTRA SPEED(HSPA+方式)は搭載していない。バッテリー容量は1700mAh。

フルサイズのUSB端子を搭載し、ケーブルでスマートフォンのmicroUSB端子と接続すると自動的に充電が開始される。給電時の出力は5V、500mAである。USB端子は給電機能となるため、データ通信などには活用できない。

カメラおよびブラウザは非搭載で、Javaアプリの利用は不可。

沿革[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 対応プロファイル:HSP/HFP(親機モード&子機モード)A2DP、AVRCP、PBAP、OPP

関連項目[編集]

外部リンク[編集]