H-21 Business SmartPhone

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NTTドコモ H-21 Business SmartPhone
キャリア NTTドコモ
製造 オプトエレクトロニクス
発売日 2010年3月12日発売
概要
OS Windows Mobile 6.5 Professional
CPU  
音声通信方式 3G:FOMA(W-CDMA)
3G:800 MHz、850 MHz、1.9 GHz、2 GHz
データ通信方式 3G:FOMA(HSDPAHSUPA
形状 ストレート ハンディーターミナル型
サイズ 136.4 mm × 66.5 mm × 22.1 mm mm
質量 約240 g
連続通話時間 約780分
連続待受時間 約700時間
バッテリー 3060mAh
外部メモリ microSDメモリーカード
microSDHCメモリーカード最大16Gバイト
日本語入力 iWnn
FeliCa なし
赤外線通信機能 IrDA
テザリング なし
Bluetooth Bluetooth(Ver.2.0+EDR Class2)
放送受信機能 なし
外部接続 miniUSB
ACアダプター電源端子
2.5φイヤホンマイク端子
備考 法人専用モデル
メインディスプレイ
方式 半透過型TFT液晶
解像度 横 480ドット×縦 640ドット
サイズ 2.8型
表示色数 65,536色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約320万画素画素CMOS
機能 AF
動画撮影
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
ブラック
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

H21 Business SmartPhone(エイチニジュウイチ ビジネス スマートフォン)は、オプトエレクトロニクスによって開発された、業務用ハンディターミナルとして利用することができるNTTドコモ第3世代移動通信システムFOMA)搭載スマートフォンである。OSにはWindows Mobile 6.5を搭載し、業務用バーコードの読み取りが可能なバーコードスキャナを搭載している。本端末はメーカーブランドであるが、SIMカードはNTTドコモのFOMAカード・ドコモUIMカードしか利用することができない。

概要[編集]

本端末のメーカーであるオプトエレクトロニクスは携帯電話のメーカーというよりも、バーコードスキャナーに強みを持っているメーカーである。同社のレーザー式のバーコードリーダーモジュールはモトローラに次いで世界第2位のシェアを持つ。そのためバーコードの読み取り機能については、通常の携帯電話のそれとは比較にならないほど優れている。レーザー式のバーコードリーダーモジュールを搭載した機種は、1次元コードを広い範囲で快適に読み取ることが可能であり、そして、液体レンズを搭載したオートフォーカス2次元コードリーダーモジュールを搭載した機種は、他社の2次元コードリーダーはおろか、一般的なレーザー式をも凌ぐ読み取り範囲を有する。

通信機能はFOMAハイスピード(HSPA)「(下り)7.2Mbps/(上り)5.4Mbps」と高速通信が利用可能なほか、WiFiやBluetooth、赤外線通信、更にGPSも搭載されている。

FOMAプラスエリアWORLD WINGといった国際ローミングも利用可能となっている。

主に配送業、倉庫業などのハードな利用を想定しておりIP64の防水、防塵機能及び、1.2メートルの耐落下性能がある。

キーボードはQWERTYタイプのものと10キータイプのものと2種類用意されている。

パケ・ホーダイダブルを使ったspモードやmoperaへのインターネット通信には対応しないが、ビジネスmoperaアクセスプロといった企業用通信は定額で利用することができる。

大容量バッテリーを搭載しており、通話時間が最大700時間と非常に長時間の利用が可能となっている。

NTTドコモのSIMカード(FOMAカード)を利用するため、利用料金やデータ通信はNTTドコモの仕様に準じる。

NTTドコモの法人営業部門やドコモショップの法人営業部門でも購入が可能となるが、窓口での購入は原則できない。

汎用性の高いWindows Mobileのためハンディーターミナルのほか、インターネットメールWebブラウジングはもちろん、Windows Mobile特有のアプリケーションクラウドコンピューティングも利用できる。

機能[編集]

バーコードスキャナー[編集]

本機に搭載されているバーコードスキャナーの読み取り対応規格と、読み取り方式は以下のとおりとなる。

読み取りコード 対応規格 読み取り方式
1次元コード JANEANUPC(アドオンコード対応)

NW-7(Codabar)
Industrial 2 of 5
Interleaved 2 of 5(ITF)
Code39
Code128(EAN128)
Code93
GS1 DataBar
etc.

赤色半導体レーザー
2次元コード QR Code

MicroQR
PDF417
Micro PDF417
DataMatrix
MaxiCode
Composite
etc.

CMOSエリアセンサー

メール ブラウザ[編集]

メールはPOPIMAPメールを利用することが可能。前述のビジネスmoperaは企業ネットワークへ直接アクセスがメインとなるため、企業メールが利用可能となる。またGmailWindows Live Hotmailなどはダイレクトプッシュで利用することが可能となっている。その他のメールはポーリング受信か、手動受信となる。通常のNTTドコモのスマートフォンと同様にmoperaメールを利用することも可能であるが、パケ・ホーダイを使った定額接続はパソコンなどの外部機器を接続した通信扱いになる。またspモードの接続ができないため、spモードのメールやコンテンツは利用することはできない。

ブラウザはInternet Explorer Mobileが搭載されており、Flash Lite 3.1がアドオンされており、一部サイトではフラッシュのコンテンツを閲覧することも可能となっている。

Microsoft ActiveSyncが搭載されているためExchange Serverとの同期、プッシュメールの利用が可能となる。

その他機能[編集]

主な対応サービス
タッチパネル FOMAハイスピード7.2Mbps Bluetooth DCMXおサイフケータイ
iアプリオンライン地図アプリ 直感ゲームメガiアプリ iウィジェット マチキャラiコンシェル
ホームUポケットU GPSケータイお探し デコメールデコメ絵文字デコメアニメ iチャネル
着もじ テレビ電話キャラ電 電話帳お預かりサービス(My Phone利用でバックアップ可能 フルブラウザ
おまかせロックバイオ認証 外部メモリーへiモードコンテンツ移行/ユーザーデータ一括バックアップ トルカ iC通信iCお引越しサービス
きせかえツールダイレクトメニュー バーコードリーダ 2in1 エリアメール/ソフトウェアーアップデート自動更新
GSM3GローミングWORLD WING 着うたフルうた・ホーダイ Music&Videoチャネルビデオクリップ デジタルオーディオプレーヤー(WMA)(AAC)

プリインストールアプリ[編集]

業務用端末であるが、以下のとおり通常のWindows Mobileスマートフォンと同様のアプリケーションが利用可能となっている。Windows Mobile 6.5から利用可能となったWindows Media MarketPlaceもプリインストールされているため、Windows Media MarketPlaceからさまざまなアプリケーションをダウンロードして利用することも可能となる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]