L-08C

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
L-08C
キャリア NTTドコモ
製造 LGエレクトロニクス
発売年 2011年5月28日
概要
通信方式 なし
通信速度 (FOMAハイスピード):7.2Mbps/5.7Mbps
下り/上り(FOMA):384Kbps/384Kbps
下り/上り
形状 USB接続型
サイズ 92 × 27 × 10.9 mm
質量 25 g
連続待受時間 接続機器に依存
外部メモリ なし
対応OS Windows 7
Windows Vista(Service Pack 2以降)
Windows XP(Professional Service Pack 3以降)(Home Edition Service Pack 3以降)
Mac OS X 10.5.8/10.6.4
Bluetooth なし
放送受信機能 なし
メインディスプレイ
無線LAN
メインカメラ
画素数・方式 {{{メインカメラ画素数・方式}}}
機能 {{{メインカメラ機能}}}
サブカメラ
画素数・方式 {{{サブカメラ画素数・方式}}}
機能 {{{サブカメラ機能}}}
カラーバリエーション
 
ホワイト
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

L-08C(エル ゼロ はち シー)は、LGエレクトロニクスジャパンによって開発された、NTTドコモによるHSDPA/HSUPA対応のUSB接続型・FOMAデータ通信端末。

概要[編集]

NTTドコモが2009年6月に発売されたL-05Aの小型、簡易版のモデルとなり、2010年12月に発売されたL-02Cのように3.9世代携帯電話LTEには対応しない。

本体はUSB接続型でストレートタイプとなっており、NTTドコモのUSB接続タイプの端末としては最軽量となる。またUSB端子部分にはキャップがついており、気軽に持ち運ぶことが可能となる。

通信速度は日本国内のFOMAハイスピードエリア内では、受信速度最大7.2Mbps及び送信速度最大5.7Mbpsに対応。エリア外では、送受信最大384kbpsに対応する。また、日本国外では、W-CDMAネットワークでのローミング (WORLD WING) が可能な端末である。GPRSには対応しない。

L-02Cなどと同様に、ゼロインストール機能が搭載されており、L-08Cをパソコンに接続するだけでUSBポート経由で「通信設定ファイル(ドライバー)」と「L-08C 接続ソフト」のインストール画面が自動で行うことが可能となる。


歴史[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]