D705i

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NTTドコモ FOMA D705i
キャリア NTTドコモ
製造 三菱電機
発売日 2008年1月30日
概要
OS Symbian OS + MOAP(S)
音声通信方式 3GFOMA (W-CDMA)
800MHz1.7GHz2GHz
形状 スライド
サイズ 110 × 49 × 15.5 mm
質量 約120 g
連続通話時間 約220分(音声電話時)
約130分(テレビ電話時)
連続待受時間 約650時間(静止時)
外部メモリ microSD
FeliCa あり
赤外線通信機能 あり
Bluetooth なし
放送受信機能 ワンセグ対応
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 ワイドQVGA
(240×400ドット
サイズ 3.0インチ
表示色数 約26万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約130万画素CMOS
機能 手ブレ補正(動画)対応
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
Rose Pink
Pearl White
Pule Black
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

FOMA D705i(フォーマ・ディー なな まる ご アイ)は、三菱電機によって開発された、NTTドコモ第三世代携帯電話 (FOMA) 端末である。

概要[編集]

  • 端末の形状はFOMA D704iに近いものとなっており、スライド型である。スペックは同時発表されたD905iに比べると、かなり機能が削減されている。
  • 2GBmicroSDカードを使用すれば、ワンセグ放送を最大10時間40分録画することが可能。
  • D704iと同様、モーションコントロールセンサーは搭載されていない。
  • 従来D90xiシリーズのみ搭載していた「スピードセレクター」を、D70xiシリーズとして初めて採用した。
  • サブカメラを備えていないため、テレビ電話で自分の顔を送信することはできない。
  • 日本語入力システムはATOKを採用。
  • 2008年3月3日に、三菱電機は携帯電話事業から撤退を表明。このため同年1月30日に発売された本機種及びD705iμが、三菱電機製の最後の製品となった。また前述のスピードセレクターも、D70xiシリーズでの採用は最初で最後となった。


主な対応サービス
DCMXおサイフケータイ うた・ホーダイ 着うたフル着うた デジタルオーディオプレーヤー(WMA)(AAC)
直感ゲームメガiアプリ Music&Videoチャネルビデオクリップ 3GローミングWORLD WING プッシュトーク
FOMAハイスピード GPSケータイお探し デコメールデコメ絵文字 iチャネル
着もじ テレビ電話キャラ電 電話帳お預かりサービス フルブラウザ
おまかせロックバイオ認証 外部メモリーへiモードコンテンツ移行 トルカ iC通信iCお引越しサービス
きせかえツールマチキャラ バーコードリーダ名刺リーダ 2in1 エリアメール

※BモードのメールはWebメールとなる。

プリインストールiアプリ[編集]

  • Gガイド番組表リモコン
  • DCMXクレジットアプリ
  • ケータイクレジットiD

ワンセグ機能[編集]

  • EPG(録画予約も可)
  • 外部メモリ (microSD) への録画
  • 字幕放送
  • マルチウィンドウ
  • 連続視聴可能時間 約5時間30分

歴史[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]