SA702i

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NTTドコモ FOMA SA702i
キャリア NTTドコモ
製造 三洋電機
発売日 2006年7月11日
概要
OS REX OS + BREW
CPU ARM9E
音声通信方式 FOMAW-CDMA
800MHz2GHz
形状 折りたたみ式
サイズ 98 × 50 × 21 mm
質量 104 g
連続通話時間 約170分間(音声通話)
約100分間(テレビ電話)
連続待受時間 約480時間(静止時)
約360時間(移動時)
充電時間 -
外部メモリ miniSD
日本語入力 -
FeliCa 非対応
赤外線通信機能 対応
Bluetooth 非対応
放送受信機能 FMラジオ対応
備考 GPS対応
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 240×320ドット (QVGA)
サイズ 2.2インチ
表示色数 約6万色
サブディスプレイ
方式 STN液晶
解像度 84×24ドット
サイズ 0.9インチ
表示色数 モノクロ
メインカメラ
画素数・方式 約130万画素CCD
サブカメラ
画素数・方式 約10万画素CMOS
カラーバリエーション
ブラックブルー
ホワイトブラック
ピンクホワイト
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

FOMA SA702iフォーマ・エスエー なな まる に アイ)は、三洋電機(大阪、現・京セラSANYOブランド)によって開発された、NTTドコモ第三世代携帯電話 (FOMA) 端末製品である。

概要[編集]

三洋電機製のFOMA端末としてはSA700iSSA800iに続いて3機種目に当たる。SA700iSに引き続きGPS・歩行者ナビゲーション機能を搭載。新たに電子コンパス機能が追加され、この電子コンパスに連動しナビゲーションする事も出来る。外部メモリーはminiSD対応である。カメラ性能はCCD約130万画素(有効画素数:約120万画素)。テレビ電話用のサブカメラはCMOS約10万画素。FMラジオを搭載。オートチューニング機能付で、アンテナは本体に内蔵されている。ケータイお探しサービスに対応。他のSAシリーズ同様、ボタンを押した際のレスポンスの良さはFOMA端末の中ではダントツである。

iアプリは「AGE of EMPIRES II MOBILE」、「Gガイド番組表リモコン」を搭載している。

外部メモリーはminiSD(1GBまで)対応。

なお、三洋電機は携帯電話事業を2008年4月1日付で京セラに売却したため、本機が三洋最後のドコモ向け端末となった。

歴史[編集]

不具合[編集]

  • 2006年8月31日:50日以上、電源を入れっぱなしだと動作を受け付けなくなる不具合が報告された。2007年8月31日までソフトウェアの更新を行っている。同様の不具合はSA800iでも発生する。(参考

関連項目[編集]

外部リンク[編集]