N900iS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NTTドコモ FOMA N900iS
開いたところ
閉じたところ
キャリア NTTドコモ
製造 日本電気
発売日 2004年6月25日
概要
OS ITRON
CPU OMAP 1610
音声通信方式 FOMAW-CDMA
(2GHz)
形状 折りたたみ式
サイズ 102 × 48 × 26 mm
質量 115 g
連続通話時間 約140分(音声電話時)
約90分(テレビ電話時)
連続待受時間 約430時間(静止時)
約350時間(移動時)
外部メモリ miniSD
(128MBまで)
赤外線通信機能 あり
Bluetooth なし
放送受信機能 非対応
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 QVGA
(240×320ドット
サイズ 2.2インチ
表示色数 約6万色
サブディスプレイ
方式 STN液晶
解像度 120×30ドット
サイズ 0.9インチ
表示色数 約4000色
メインカメラ
画素数・方式 約200万(記録画素数)画素CCD
機能 -
サブカメラ
画素数・方式 約11万画素CMOS
機能 -
カラーバリエーション
ピンク
レッド
シルバー
ブラック
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

FOMA N900iS(フォーマ・エヌ きゅう まる まる アイ・エス)は、NECによって開発された、NTTドコモ第三世代携帯電話 (FOMA) 端末製品である。

概要[編集]

N900iSは、2004年2月22日に販売された N900iマイナーチェンジモデル。 形状はアークラインが特徴的な折りたたみ式で、カラーバリエーションはシルバー、ピンク、ブラック、レッドの四種類。 基本的な仕様はN900iと同一。 文字入力システムとして新たにT9ダイレクトを採用するなど、操作性の向上を中心とした調整がなされている。

型番末尾の S は、Second を意味している。

カメラ画素数は200万画素と表記してあるが、200万画素は記録画素数であり、有効画素数は100万画素である。

歴史[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]