N702iS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NTTドコモ FOMA N702iS
キャリア NTTドコモ
製造 日本電気
発売日 2006年8月25日
概要
音声通信方式 FOMAW-CDMA
形状 折りたたみ式
サイズ 98 × 52 × 26 mm
質量 113 g
連続通話時間 約110分(音声電話時)
約80分(テレビ電話時)
連続待受時間 約540時間(静止時)
約400時間(移動時)
外部メモリ 非対応
FeliCa なし
赤外線通信機能 あり
Bluetooth なし
放送受信機能 非対応
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 QVGA240×345ドット
サイズ 2.1インチ
表示色数 65,536万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約130万画素CMOS
機能 -
サブカメラ
画素数・方式 約33万画素CMOS
機能 -
カラーバリエーション
Mineral Water
Strawberry Milk
Cafe Latte
Soda
Cranberry
Matcha
Orange Juice
Hot Chocolate
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

FOMA N702iS(フォーマ エヌななまるにアイエス)は、NECによって開発された、NTTドコモ第三世代携帯電話FOMA端末製品である。

概要[編集]

「水を入れたグラス」をイメージとして開発された。N701i以来のスタイルプラス対応機種でもある。

スタイルプラスは8種類用意され、それぞれが飲み物(抹茶ソーダなど)をイメージしたものになっている(別売)。 また装備したスタイルプラスに合わせて画面も同じコーディネートで色を設定することができるスタイルモード機能も搭載されている。 なお右表の本体色で、4番目以降の色はスタイルプラスでのみの発売となっている。

さらに3軸の加速度センサーを搭載。これによって本体を傾けることによって自分のメールアドレス赤外線送信をするといったユニークな機能が搭載された。プリインストールされている待ち受け画面でも本体の傾きによって変化するようになっている。

iチャネルに対応。ただし外部メモリーを搭載していない。

歴史[編集]

不具合[編集]

2007年4月末日現在、特に大きな不具合は発見されていない。

外部リンク[編集]