D505i

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NTTドコモ mova D505i
キャリア NTTドコモ
製造 三菱電機
発売日 2003年5月23日
概要
音声通信方式 mova
800MHzPDC))
形状 折りたたみ式
サイズ 106 × 49 × 24 mm
質量 約115 g
連続通話時間 約130分
連続待受時間 約520時間
外部メモリ メモリースティックDuo(128MBまで)
FeliCa なし
赤外線通信機能 あり
Bluetooth なし
放送受信機能 なし
メインディスプレイ
方式 TFD液晶
解像度 240×320ドット
サイズ 2.2インチ
表示色数 約26万2144色
サブディスプレイ
方式 TFD液晶
解像度 120×160ドット
サイズ 1.1インチ
表示色数 約6万5536色
メインカメラ
画素数・方式 約63万(出力約123万)画素スーパーCCDハニカム
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
ブルーサファイア
プラチナホワイト
ジェイドブラック
アクアブルー(関西のみ)
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

mova D505i(ムーバ・ディー ごー まる ごー アイ)は、三菱電機製のNTTドコモ第二世代携帯電話(mova)端末である。

概要[編集]

505iシリーズとしては1番早く発売され、ドコモ初のQVGA液晶搭載モデルになった。メインディスプレイとサブディスプレイ共に、半透過反射型MD-TFD液晶が使われている。外部メモリーはメモリースティックDuo(128MBまで:ドコモ発表。それ以上は保証対象外)対応である。ドコモ初のメガピクセル出力対応となったメインカメラの性能は、スーパーCCDハニカム約63万画素、約123万画素の画像出力に対応している。また、「スピンアイ」という、端末を閉じるとカメラが外側を向き、端末を開くとサブ用に使えるよう内側を向く構造を採用している。そのため、風景等の撮影は、常に本体を閉じて、サブディスプレイを見て行うこととなる。動画機能とサブカメラは搭載していない。着信メロディは48和音対応。QVGA液晶を生かした明朝体のようなフォントも搭載されていた。

「スピンアイ」の商号は三菱電機に商標登録されている。(商標登録番号 第4714972号)

iアプリは、「Dimo i絵文字メール」、「珍さんのTVリモコン」などを搭載。

505iシリーズ共通の特徴として、QVGA液晶とメガピクセルカメラ搭載である。iアプリは504相当をさらに拡張した230KB(ダウンロード30KB、スクラッチパッド200KB)の仕様になりiアプリDXになった。

なお、NTTドコモ関西が地区限定で、端末カラーが「アクアブルー」の、ジュエリーブランド「4℃」とのコラボレーションモデルを追加発売していた。

テレビCM[編集]

金城武が出演。横撮りを強調していた。このテレビCMには8代目三菱・ギャランなどの三菱自動車が多数登場していた。

歴史[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]