SO506i

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NTTドコモ premini-II (SO506i)
NTT DoCoMo mova SO506i 01.JPG
表面
NTT DoCoMo mova SO506i 02.JPG
裏面
キャリア NTTドコモ
製造 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ
発売日 2005年2月10日
概要
音声通信方式 PDC
(800MHz
形状 ストレート型
サイズ 105 × 46 × 19.4 mm
質量 97 g
連続通話時間 140分
連続待受時間 460時間
充電時間 125分
外部メモリ メモリースティックDuo
日本語入力 POBox
FeliCa なし
赤外線通信機能
Bluetooth なし
放送受信機能 なし
メインディスプレイ
方式 TFTディスプレイ
解像度 240X320
サイズ 1.9インチ
表示色数 約26万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約130万画素CCD
機能 マクロ機能
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
ブラック
(Black)
シルバー
(Sliver)
ブラウン
(Brown)
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

mova SO506iは、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(現・ソニーモバイルコミュニケーションズ)が開発した、NTTドコモによる第二世代携帯電話mova)の製品である。愛称は、「premini-II」(プレミニツー)。

概要[編集]

preminiシリーズ第三弾として発売された。

premini、premini-Sと同様にストレートタイプのデザインを採用。これまで213iベースで作られていたため、従来のpremini、premini-Sでは、カメラやiアプリなどの機能が省かれていた。premini-IIより506iベースで作られ、メガピクセルカメラ、QVGA液晶、iアプリメモリースティックDuoスロットが搭載され、メモリースティックオーディオに対応する。

基本となるデザインはSO213iを踏襲。以前のpreminiシリーズではスロープキーと呼ばれるキーデザインを採用していたが、premini-IIでは、スレンダーキーと呼ばれる細長い棒状のキーが採用されている。

テレビアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」でハルヒが使用している。

歴史[編集]

外部リンク[編集]