F505i

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NTTドコモ ムーバ F505i
Close
Open
キャリア NTTドコモ
製造 富士通
発売日 2003年7月11日(16年前) (2003-07-11
概要
音声通信方式 mova
800MHz、1.5GHz)
形状 折りたたみ式
サイズ 98 × 48 × 21 mm
質量 105 g
連続通話時間 約150分
連続待受時間 約525時間
充電時間 約145分
外部メモリ miniSDメモリーカード
(最大64MBまで)
FeliCa なし
赤外線通信機能 あり
Bluetooth なし
放送受信機能 非対応
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 240×320ドット
サイズ 2.2インチ
表示色数 約26万2144色
サブディスプレイ
方式 有機EL
解像度
サイズ
表示色数 256色
メインカメラ
画素数・方式 約128万画素CCD
機能 フォトライト、QRコード読取
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
ノースシルバー
フューチャーブラック
クリスタルロゼ
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

ムーバ F505iムーバ エフ ごー まる ご アイ )は、富士通製のNTTドコモ向けの携帯電話(mova)端末である。

概要[編集]

505iシリーズでは、5番目に発売された。デザインはF504iSを踏襲しつつ、薄型化されている。 メインディプスレイは、大型・高解像度・多色になった約26万2144色表示(ソフト処理により約1670色表示可)の2.2インチQVGA液晶を搭載。サブディスプレイは、256色表示(ソフト処理により約1万6384色表示可)対応の有機ELとなっている。ただし、写真撮影時のファインダーとしては利用できない。

メニュー画面は、それまでのFシリーズから大きく変わり、Pシリーズに似た9個のアイコンが表示される形式になった。

カメラは、約128万画素CCD(記録画素数123万画素)となり、F504iSよりも大幅にスペックアップされている。フォトライトも搭載されている。接写撮影、動画撮影、QRコードの読取にも対応している。一方、F504iSにあったインカメラは廃止された。

他の505iシリーズと同様、外部メモリスロットを備えており、本機は、miniSDメモリーカードに対応している。また、16MBのminiSDメモリーカードが付属している。

日本国内向け端末として、初めて指紋認証機能を搭載。内側のボタン下に読取装置を備えている。

歴史[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]