P2101V

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NTTドコモ FOMA P2101V
P2101V(ブルー)
P2101V(ブルー)
キャリア NTTドコモ
製造 松下通信工業
発売日 2001年10月1日
6月25日(貸与開始)
概要
OS ITRON
CPU MN2MS0015A
音声通信方式 FOMAW-CDMA
(2GHz)
形状 折りたたみ式
サイズ 104 × 56 × 35 mm
質量 150 g
連続通話時間 約100分(音声電話時)
約70分(テレビ電話
連続待受時間 約55時間(静止時)
充電時間 約110分
外部メモリ SDメモリーカードスロット(※端末内部に内蔵されているため使用できない)
赤外線通信機能
Bluetooth 非搭載
放送受信機能 非搭載
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 176×220ドット
サイズ 約2.1インチ
表示色数 約26万2144色
サブディスプレイ
方式 液晶
解像度 非公表
サイズ 非公表
表示色数 モノクロ
メインカメラ
画素数・方式 約11万画素CMOS
機能 テレビ電話
サブカメラ
画素数・方式 約11万画素CMOS画素※メインカメラと兼用
カラーバリエーション
ブルー/ゴールド
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

FOMA P2101V(フォーマ・ピー にい いち ぜろ いち ぶい)は、松下通信工業(現・パナソニックモバイルコミュニケーションズ)製のNTTドコモ第三世代携帯電話(FOMA)端末である。

概要[編集]

世界初のW-CDMA方式であったFOMAの最初の製品で、サービス開始時のテレビCMにもよく登場した。本機はテレビ電話ができるFOMAのフラッグシップ機として導入され、端末名に「Visual」を意味する「V」が初めて付いた端末である。またFOMAカードが最初に使われた端末である。

UIとサブディスプレイ周辺はmovaP503iSに、ディスプレイ周りの意匠はP209iSに非常によく似ているが、P503iS・P209iSよりも大型で、120×160ドットの画面が主流だった当時、176×220ドットという少し高精細な液晶を搭載していた。この液晶は、Pシリーズ初のTFT液晶で、発色数は業界初の26万2144色表示となっている。

また、ドコモ初となるカメラが内蔵された端末として知られている。なお、このカメラは262.5°回転し、通常の写真撮影と、自分撮りやテレビ電話が1つのカメラでできるような仕組みであった。

N2001やP2401とともにFOMA最初の端末の一つであるが、高機能タイプであったため、当時としては非常に大きく重い端末で、電池の持ちも悪かった。この電池の持ちの悪さを補うため、電池パックが2つ付属していた。

後継のFOMA端末のP2102Vからは、NECとの共同開発によるUIに完全に移行したため、本機が最初で最後の松下製UIが使われたFOMA端末となった。

発売当初から、当機種のみがFOMAカードを挿入した上での使用(起動)が前提となっている設計上、起動する際にFOMAカードを挿入していない限り、再起動を繰り返す設計となっている。このため、2017年に入った現在は有効なSiMカード(起動するとフリーズ・再起動する)以外の解約されたドコモ発行のSiMカードを用意(起動時のPiN1コード入力設定が前提)して起動すれば、本来の機能を使うことは可能であるが、解約済みのSiMカードの利用については、ドコモの定めた『FOMAカードの所有権は当社に帰属します』という利用規約に抵触してしまうため、利用規約を前提とした上で、2010年以降も使用していくことは困難に近い現状がある。

沿革[編集]

  • 2001年3月26日 テレコムエンジニアリングセンター(TELEC)による技術基準適合証明(技術基準適合証明番号XYAA0000461~0000610)
  • 2001年4月9日  TELECによる技術基準適合証明の工事設計認証(工事設計認証番号XYAA0004)
  • 2001年5月10日 電気通信端末機器審査協会による技術基準適合認定の設計認証(設計認証番号AD01-0365JP)
  • 2001年6月25日 試験サービス用に貸与開始
  • 2001年7月26日 TELECによる技術基準適合証明の工事設計認証(工事設計認証番号XYAA0008)
  • 2001年10月1日 関東地区で発売
  • 2001年12月7日 TELECによる技術基準適合証明の工事設計認証(工事設計認証番号01XYAA1005)
  • 2003年1月6日  TELECによる技術基準適合証明の工事設計認証(工事設計認証番号01XYAA1026)
  • 2010年3月31日 電池パックの提供終了
  • 2010年4月15日 6月より行われる通信設備の機能向上により、操作や通信に支障が出ることが判明したため、機能向上されたエリアでは使用できなくなる[1]と発表。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「FOMA P2101V」 「FOMA P2401」をご愛用のお客様へのお知らせ NTTドコモ

外部リンク[編集]