F2102V

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NTTドコモ FOMA F2102V
レッド
クレードル
キャリア NTTドコモ
製造 富士通
発売日 2003年7月3日
概要
CPU 非公表
音声通信方式 3GFOMAW-CDMA
(3G:2GHz))
形状 折りたたみ式
サイズ 101 × 50 × 26 mm
質量 約115 g
連続通話時間 130分(FOMA・音声通話)
90分(FOMA・テレビ電話)
外部メモリ MiniSD
赤外線通信機能
Bluetooth 非搭載
放送受信機能 非搭載
メインディスプレイ
方式 半透過型TFTカラー液晶
解像度 176×220
サイズ 2.2インチ
表示色数 65,536色
サブディスプレイ
方式 TFTモノクロ液晶
解像度 非公表
サイズ 非公表
表示色数 単色
メインカメラ
画素数・方式 33万画素CCD
機能 白色LEDフラッシュライト
サブカメラ
画素数・方式 11万画素CCD
機能 白色LEDフラッシュライト
カラーバリエーション
レッド
シルバー
ブラック
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

FOMA F2102V(フォーマ・エフ に いち ぜろ に ブイ)は、富士通によって開発された、NTTドコモ第三世代携帯電話FOMA」端末である。

概要[編集]

2003年7月に発売された当端末は、富士通が製造する携帯電話としては初めてテレビ電話に対応した。背面にCCDカメラ(33万画素)、ディスプレイ上にもCCDカメラ(11万画素)を搭載しており、双方に白色LEDのフラッシュライトが取り付けられている。

カメラ付きFOMA端末で撮影した動画データをメール添付で送信できるサービス「iモーションメール」に対応している。

背面部にはレインボーカラーのバックライトを搭載したサブディスプレイがあり、設定によって様々な色を点灯させることが可能。

カメラ機能では、最大VGAサイズの静止画が撮影可能で、撮影画像をアドレス帳に登録する機能も用意されている。動画撮影機能に於いては最大3倍デジタルズーム、最大90秒までの動画機能を備えている。

下部の端子(6ヶ所)が通信用

クレードル[編集]

本体セットに同梱されるクレードル(卓上ホルダ)には、FOMA端末では唯一の通信機能が備わったものとなっている。(F-0xBシリーズ以後採用の卓上ホルダでは充電機能のみ)

電源端子のほかにUSBポート(USB Bコネクタ)が備わっており、パソコンとの連携が可能なクレードルとしての機能も有している。このため、充電しながら携帯電話のデータをパソコンと同期したり、バックアップ機能「スケジューラシンクロ機能」が利用できる。 このほかにクライアント認証サービス「FirstPass」にも対応している。

左側がUSBポート
クレードルに乗せた様子

オプション[編集]

  • 電池パック
    • F03(AAF29033)税込2,625円
  • 卓上ホルダ
    • F02(AAF39050)税込945円
  • リアカバー
    • F02
      • レッド(AAF59081)税込525円
      • シルバー(AAF59065)税込525円
      • ブラック(AAF59078)税込525円

内蔵 iアプリ[編集]

  • POKER F
  • 3Dリバーシ
  • フリーセル
  • スーパー3D待ち受けbox

内蔵メロディ[編集]

  • 銀河鉄道999
  • LA・LA・LA LOVE SONG
  • SAMBA DE JANEIRO
  • Beauty And The Beast
  • ALSO SPRACH ZARATHUSTRA
  • G線上のアリア
  • アベマリア
  • トッカータとフーガ ニ短調
  • アメージング グレース
  • さくら
  • ニュルンベルクのマイスタージンガー
  • THE ENTERTAINER

内蔵効果音[編集]

歴史[編集]

不具合[編集]

関連項目[編集]

外部リンク・参考資料・脚注[編集]