F2051

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NTTドコモ FOMA F2051
ネイビー
裏面
キャリア NTTドコモ
製造 富士通
発売日 2003年1月18日
概要
CPU 非公表
音声通信方式 3GFOMAW-CDMA
(3G:2GHz))
形状 折りたたみ式
サイズ 102 × 50 × 25 mm
質量 約114 g
連続通話時間 110分(FOMA・音声通話)
外部メモリ 非対応
赤外線通信機能
Bluetooth 非搭載
放送受信機能 非搭載
メインディスプレイ
方式 半透過型TFTカラー液晶
解像度 176×220
サイズ 2.2インチ
表示色数 65,536色
サブディスプレイ
方式 TFTモノクロ液晶
解像度 非公表
サイズ 非公表
表示色数 単色
メインカメラ
画素数・方式 12万画素CCD
機能 非搭載
サブカメラ
画素数・方式 非搭載画素
機能 非搭載
カラーバリエーション
ネイビー
シルバー
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

FOMA F2051(フォーマ・エフ に ぜろ ご いち)は、富士通によって開発された、NTTドコモ第三世代携帯電話FOMA」端末である。

概要[編集]

2003年1月に発売された当端末は、FOMA端末の中ではじめて「Symbian OS」が採用された。

約270度回転するCCDカメラ(12万画素)を搭載しており、背面カメラとインカメラは共用となる。

カメラ付きのFOMA端末で撮影した動画をメールに添付して送信できるサービス「iモーションメール」に対応している。

背面部には緑色のバックライトを搭載したサブディスプレイと背面キー(マナーボタン)がある。

本端末ではマルチタスク機能を搭載しており、通話中に会話しながら静止画撮影が可能で、メール添付で写真を送信できる「ワンショット機能」や、画像の一部を切り抜いて別の画像と合成できる「切り抜き機能」を新たに搭載している。

画像付き電話帳などが使用可能で、赤外線を使用して規格対応機と電話帳データなどを転送することも可能となっている。

なお、パソコンと端末を接続するための通信設定ソフトやデータ共有ソフト(FOMA Fシリーズ データリンクソフト)などが入ったCD-ROMが本体セットに同梱されており、接続は別売りのFOMA USB接続ケーブル(4,300円)で行なうものであった。

なお、本端末はビジュアルタイプの端末ではないため、インカメラ兼用のカメラを搭載しているが、テレビ電話機能はサポートされていない。データ通信は、下り最大384kbps(上り最大64kbps)のパケット通信と回線交換式による64kbpsデータ通信が利用できる。

また、着信音は最大32和音で自作が可能である。

オプション[編集]

  • 電池パック
    • F02(AAF29020)税込3,255円
  • 卓上ホルダ
    • F01(AAF39021)税込945円
  • リアカバー
    • F01
      • シルバー(AAF59023)税込525円
      • ネイビー(AAF59036)税込525円

内蔵 iアプリ[編集]

  • フリーセル
  • スーパー3D待ち受けbox
  • ピンボール3D(宇宙編)

内蔵メロディ[編集]

  • WE WILL ROCK YOU
  • JUMP
  • Tong Poo
  • AXEL F
  • 聖者の行進
  • 華麗なる大円舞曲
  • THE ENTERTAINER
  • 幻想即興曲

内蔵効果音[編集]

  • にわとり
  • ビール
  • はと時計
  • ハープ
  • 黒電話

歴史[編集]

不具合[編集]

関連項目[編集]

外部リンク・参考資料・脚注[編集]