D2101V

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NTTドコモ FOMA D2101V
D2101V 1.jpg
キャリア NTTドコモ
製造 三菱電機
発売日 2002年3月1日
概要
音声通信方式 FOMAW-CDMA
(2GHz)
形状 フリップ式
サイズ 150 × 55 × 28 mm
質量 160 g
連続通話時間 約60分(音声電話時)
約50分(テレビ電話時)
連続待受時間 約55時間(静止時)
外部メモリ なし
赤外線通信機能 あり(同機種同士のみ)
Bluetooth なし
放送受信機能 非対応
メインディスプレイ
方式 TFT液晶ディスプレイ
解像度 QCIF
(132×162ドット
サイズ 2.2インチ
表示色数 約26万2144色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約31万画素CMOS
機能 なし
サブカメラ
画素数・方式 約11万画素CMOS
機能 なし
カラーバリエーション
ブルー
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

FOMA D2101V(フォーマ・ディー にい いち ぜろ いち ぶい)は、三菱電機によって開発された、NTTドコモ第三世代携帯電話 (FOMA) 端末製品である。

概要[編集]

FOMAP2101VSH2101Vと並ぶフルスペック端末としてリリースされたが、端末の大きさ、重さはFOMA過去最大級のものとなり、同時期にリリースされていたFOMA端末に比べても売れ行きは思わしくなく、市場では2~3ヶ月程度で販売を終了することとなった。形状は三菱製のmovaに見られたフリップ型だが、フリップやボタンは非常に小さい。

2004年6月発売のD900iが発売されるまで、三菱製FOMAは一旦途絶えることとなる。長らくフリップ型の携帯電話を作ってきた三菱電機だったが、この機種が最後のフリップ型になった。

PCなどに接続してデータ通信することはできない。

沿革[編集]

外部リンク[編集]