P2002

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
NTTドコモ FOMA P2002
Panasonic P2002 Futa.jpg
キャリア NTTドコモ
製造 松下通信工業
発売日 2002年6月13日
概要
音声通信方式 FOMAW-CDMA
形状 折りたたみ式
サイズ 103 × 52 × 25 mm
質量 107 g
連続通話時間 約90分
連続待受時間 静止時:約55時間
充電時間 約110分
外部メモリ -
FeliCa なし
赤外線通信機能 あり
Bluetooth なし
ワンセグ なし
メインディスプレイ
方式 TFD液晶
解像度 120×130ドット
サイズ 2.2インチ
表示色数 約6万5536色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
なし
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
アクアメタル
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

FOMA P2002(フォーマ・ピー にーまるまるにー)は、松下通信工業(現:パナソニック モバイルコミュニケーションズ)が製造し、NTTドコモが販売した第三世代携帯電話 (FOMA) 端末製品である。NEC製のN2002OEM品である。

概要[編集]

基本設計はN2002とほぼ同一となっているが、受話スピーカー部やメモボタン部分の意匠が大きく異なっている。なお、本体の裏面についてはN2001・N2002と同一である。ボディーカラーはN2002には設定がないアクアメタルが採用され、本体のFOMAロゴと端末型番の配置が入れ替わり、キーのフォントが異なる。連続待ち受け時間が55時間で、販売当時のセットには電池パックが2個付属していた点もN2002と同様。iモーション対応である。

Panasonic P2002 Ura.jpg

(ブルー)

OEM元のN2002(左)とOEM品のP2002(右)

歴史[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]