立川敬二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
たちかわ けいじ
立川 敬二
Keiji Tachikawa.jpg
生誕 (1939-05-27) 1939年5月27日(79歳)
日本の旗 岐阜県大垣市
出身校 東京大学工学部卒業
マサチューセッツ工科大学修了
職業 宇宙航空研究開発機構理事長

立川 敬二(たちかわ けいじ、1939年5月27日 - )は、日本実業家学位工学博士東京大学1982年)。

独立行政法人宇宙航空研究開発機構理事長(第2代)、NTTアメリカ最高経営責任者エヌ・ティ・ティ移動通信網株式会社代表取締役社長、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ代表取締役社長などを歴任した。2017年4月、旭日重光章を受章。

来歴[編集]

国際宇宙ステーションの宇宙機関長会議(1番左、2010年東京)

生い立ち[編集]

岐阜県大垣市に生まれる[1][2]1962年3月、東京大学工学部電気工学科を卒業し、日本電信電話公社に入社[1]

日本電信電話公社/NTTグループ[編集]

1977年マサチューセッツ工科大学に留学し、翌年経営学部の修士コースを卒業する[1]1982年には東京大学から工学博士号を受ける[3]

1985年、日本電信電話公社の民営化にともない、日本電信電話に。その後、NTTアメリカ最高経営責任者などを歴任し、1998年エヌ・ティ・ティ移動通信網代表取締役社長に就任した[2]

エヌ・ティ・ティ移動通信網からエヌ・ティ・ティ・ドコモに社名変更後も引き続き代表取締役社長を務め、2004年6月に相談役に就いた[2]。自身の後任には副社長津田志郎を推しており[4]、一時は津田の社長就任内定が新聞辞令として報じられた[5][6]が、持ち株会社の同意が得られなかったことから[4][7]、後任の人選は難航し、結果的に副社長の中村維夫が社長に昇任した[8]。それにともない、津田は副社長を退任しドコモエンジニアリングの社長に就いたが、わずか2か月で辞任し、ライバル会社であるボーダフォン(日本法人)の社長に就任した[9][10]

宇宙航空研究開発機構[編集]

2001年から2004年11月まで文部科学省宇宙開発委員会の非常勤委員を務め、2004年11月15日から2013年3月31日まで独立行政法人宇宙航空研究開発機構理事長を務めた[2]

著作[編集]

単著[編集]

共著[編集]

編纂[編集]

監修[編集]

  • 立川敬二監修、飯塚久夫ほか編著『コミュニケーションの構造――人間・社会・技術階層による分析』エヌ・ティ・ティ出版、1993年。ISBN 9784871882446
  • 立川敬二監修『W-CDMA移動通信方式』丸善、2001年。ISBN 9784621048948
  • 立川敬二監修『最新ディジタル移動通信』科学新聞社、2001年。ISBN 9784905577812

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 立川 敬二 NTT移動通信網社長”. 日経. 2010年6月18日閲覧。
  2. ^ a b c d 理事長挨拶・定例会見”. JAXA. 2010年6月18日閲覧。
  3. ^ Keiji Tachikawa, BEng, MBA, PhD”. 2010年6月18日閲覧。
  4. ^ a b 宮東治彦 (2004年4月28日). “緊急時にも内輪の論理、ドコモ社長に事務系の中村副社長昇格へ”. 日経BP. 2004年4月28日閲覧。
  5. ^ NTTドコモ社長が交代か”. アイティメディア (2004年4月8日). 2004年4月8日閲覧。
  6. ^ 共同通信 (2004年4月8日). “NTTドコモ社長に津田氏 若返り図る”. 全国新聞ネット. 2004年4月8日閲覧。
  7. ^ 共同通信 (2004年4月19日). “ドコモ社長に中村氏昇格へ NTTが難色、内定見直し”. 全国新聞ネット. 2004年4月19日閲覧。
  8. ^ 後藤祥子 (2004年5月14日). “ドコモ、新社長は中村維夫氏”. アイティメディア. 2004年5月14日閲覧。
  9. ^ ボーダフォン新社長に元ドコモ副社長の津田氏”. アイティメディア (2004年8月16日). 2004年8月16日閲覧。
  10. ^ 衝撃の人事――ボーダフォン新社長は、元ドコモの津田氏”. アイティメディア (2004年8月16日). 2004年8月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

その他の役職
先代:
山之内秀一郎
宇宙航空研究開発機構理事長
第2代:2004年 -2013年
次代:
奥村直樹
ビジネス
先代:
(新設)
エヌ・ティ・ティ・ドコモ社長
2000年 - 2004年
次代:
中村維夫
先代:
大星公二
エヌ・ティ・ティ移動通信網社長
1998年 - 2000年
次代:
(廃止)