ドコモケータイdatalink

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドコモケータイdatalink
開発元 NTTドコモ
最新版 1.9.8 / 2014年11月6日
対応OS Microsoft Windows
プラットフォーム x86-compatible
対応言語 日本語
種別 携帯電話データリンクソフトウェア
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト ドコモケータイdatalink
テンプレートを表示

ドコモケータイdatalink( - データリンク)は、FOMAUSB接続ケーブルでパソコンとFOMAを繋ぐことで、FOMAとパソコンのデータのバックアップの作成、アドレス帳の編集、その他、携帯電話のファイルの管理を行うためNTTドコモが提供していた無償ソフトウェアである。

概要[編集]

元々はメーカー毎にデータリンクソフトは作られており、メーカーが異なる機種同士では互換性がなかった。しかし2006年10月に異なったメーカー同士でも、アドレス帳のバックアップをはじめとした、携帯電話のデーターの管理ができるような、現在のソフトがNTTドコモから提供された[1]。ソフト自体は無償だが、FOMA用USB接続ケーブルは別途購入する必要がある。

ドコモケータイdatalinkの機能は電話帳のバックアップや編集だけでなく、スケジュールの管理や同期、メールの作成、画像データや音声ファイルなどの管理等ができる。スマートフォンPDAの同期ソフトに近い機能も有しておりMicrosoft OutlookMicrosoft Outlook Expressとの連携も可能である。FOMA900シリーズ以降のほとんどの機種で対応する。

2015年6月30日を以て当ソフトの提供並びにサポート、ホームページを終了した[2]

利用方法[編集]

  1. ドコモdatalinkホームページよりdatalinkソフトをダウンロードし、ソフトをパソコンにインストールする。
  2. パソコンと携帯電話をFOMA用USB接続ケーブルで接続する。
  3. ソフトが携帯の機種を認識し、その機種用のドライバーをダウンロードし、認識作業を行う。
  4. パソコン、携帯電話双方に認証パスワードを入力し、接続が完了 同期、バックアップが可能となる。

主な機能[編集]

パソコンとFOMAをUSB接続ケーブルで接続し、携帯からパソコン上のデータリンクソフトにアドレス帳やスケジュール、写真・音楽・メール本文などを取り込んで、編集したり、バックアップをとることが可能である。ただし著作権付のデータは取り込み不可。

機種によっては利用できない機能もある。

電話帳のバックアップと編集[編集]

  • 電話番号やメールアドレスを、パソコンで編集・管理することができる。
  • 電話番号やメールアドレスやプッシュトーク、グループの追加や編集、絵文字入力、画像を貼り付け等も可能。
  • Microsoft OutlookMicrosoft Outlook Expressとの連携も可能。ただし携帯電話とオーガナイザーとの直接同期ではなく、datalinkソフトで取り込んだデータをOutlook等でインポート、エクスポートする仕組みとなる。

なお、この機能を使って電話帳をCSV形式でエクスポートしても、そのデータはドコモWebメールでは使えない。

スケジュール管理(メールや写真も)[編集]

  • 携帯電話のスケジュールとdatalinkソフトのスケジュールの同期だけではなく、その日にやり取りしたメール、撮影した写真や動画等を表示させることができ、いつ何をしたかがわかる。
  • Microsoft OutlookMicrosoft Outlook Expressとの連携も可能。ただし携帯電話とオーガナイザーとの直接同期ではなく、datalinkソフトで取り込んだデータをOutlook等でインポート、エクスポートする仕組みとなる。

その他機能[編集]

  • 送受信メールのバックアップや編集
携帯電話に保存されている、iモードメール(受信メール、送信メール、未送信メール)などを、パソコン上に取り込むことができる。更にdatalinkソフト上でメールを作成し、携帯電話の送信BOXにインポートすることが可能。そのメール携帯から送信することができる。そのメールの作成の際には絵文字等も利用できる。
  • 画像バックアップや編集
撮影した画像を一覧表示させ、画像をフォルダ単位で管理できる。表示方法はリスト形式とサムネイル形式が選択でき、スライドショー機能も付属する。また写真を編集して待ちうけ画面を作成したり、デジタルカメラで撮った写真を携帯画面用に編集することも可能。
  • ブックマークの編集、追加
携帯電話に登録しているブックマークの編集や、新しいブックマークを新規に追加することができる。パソコン用サイトのURLをフルブラウザのブックマークに登録することも可能。
  • テキストメモの編集、追加
携帯電話で作成したテキストメモの編集や、新しいテキストメモを新規に追加できる。
  • iモーションの編集、追加
携帯電話と外部メモリの中のiモーションを読み込んだり、携帯電話や外部メモリに書き込むことができる。 ファイル形式はMPEG-43GPASFM4ASDV形式の動画ファイルが管理できる。
  • トルカのバックアップ
携帯電話の中のトルカを読み込んだり、携帯電話に書き込むことができる。
  • メロディのバックアップ
携帯電話の中のメロディを読み込んだり、携帯電話に書き込むことができる。
  • ドキュメントのバックアップ
携帯電話の中のマイドキュメントを読み込んだり、パソコンのPDFファイルを携帯電話に書き込むことができる。
  • 現在地通知先の編集、登録
携帯電話に登録している現在地通知先の編集や、新しい現在地通知先を新規に追加することができる。

対応OS及び対応機種[編集]

対応OS[編集]

Windows7と8は64bit版にも対応[4]

対応機種[編集]

NOKIA製品」「BlackBerry 8707h」「BlackBerry Bold」「BlackBerry Bold 9700」「hTc Z」「M1000」「SIMPURE L」「SIMPURE N」「F1100 HT1100」「HT-01A HT-02A」「HT-03A」「SC-01B」「T-01A」「T-01B」「Xperia」「LYNX(SH-10B)」「らくらくホンシンプル」を除く、900i以降に発売されたFOMA端末
SIMPURELとN以外の機種はそれぞれ独自のPCとの同期ソフトとUSB接続ケーブルが携帯に同梱されている。
  • NOKIA PC Suite(NOKIA製品)
  • MOTORORA Desktop Suite(M1000)
  • BlackBerry Desktop Manager(BlackBerry)
  • Microsoft ActiveSync (Windows携帯)

対応USBケーブル[編集]

FOMA充電機能付 USB接続ケーブル 02
FOMA充電機能付 USB接続ケーブル 01
FOMA USB接続ケーブル

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]