パルディオEメール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

パルディオEメール(パルディオイーメール)は、NTTドコモPHSPHS事業)のEメールサービス。端末本体のほか、パソコンにソフトをインストールする事でも利用できた。現在は、サービス終了している。

概要[編集]

1998年3月1日よりNTTパーソナル中央管内でスタートした。サービスはNTTドコモに引き継がれていた。当初はスーパーパルディオ551Sのみ対応し、それ以外の端末ではパソコン用ソフトパルディオメ~ラ~パルディオ・Eボードを接続して通信する形だったが、1999年8月に発売されたEメールパルディオ621S及びEメールパルディオ622Sから、端末単体での標準機能として搭載されるようになった

メール受信に関して、自動受信は行われず、ユーザーの操作を必要とした。対応策として、2002年にメール受信通知や、ブラウザホン633S及びブラウザホン642Sでは、タイマー受信の機能を端末側に持たせるなどした。パルディオEメールの充実に伴い、2002年にきゃらメールが終了している。

料金[編集]

送受信とも通信時間10秒につき7円がかかる。メール無い時の受信の場合は料金がかからない。

送受信文字数[編集]

パソコンにパルディオメ~ラ~をインストールしている場合は最大10000文字(全角)までのメールが送受信する事が出来る。端末単体では各機種により異なるが、ブラウザホン633S及びブラウザホン642Sでは、最大10000文字までのメールが送受信する事が出来る。その数字はmovaiモードメールを上回っている。

機種毎の送受信文字数の上限[編集]

メールアドレス[編集]

サービス開始当初は070xxxxxxxxxx@em.nttpnet.ne.jpとPHSの電話番号がEメールアドレスになっていた。200?年?月より(10文字までの英数字)@mb2.em.nttpnet.ne.jpに変更できるようになった。また2001年9月27日、当初配布されるアドレスがランダムな英数字@***.em.nttpnet.ne.jpに変更、電話番号のアドレスは割り当てられなくなった。

パルディオメ~ラ~[編集]

パルディオEメールを使用するためのソフト。Windows用やWindows CE用などが用意された。利用料金は無料だが、ドコモのPHSからの通信のみで使用する事ができた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]