10円メール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ポケットボード 10円メール用端末

10円メール(じゅうえんメール)は、株式会社NTTドコモ携帯電話用に開発したEメールサービス。GMOインターネットが運営するZERO(当初マスターネット)が運営を行っていた。携帯電話を使ったメールの送受信が2kバイトまで10円で行えるものである。

概要[編集]

本サービスは1998年(平成10年)9月よりスタート。メールアドレスのドメイン名には「mnx.ne.jp」が使われた。

本サービスの登場以前に、DDIポケットPメールIDOプチメールなどのショートメッセージサービス(SMS)が既に似たサービスを開始していたが、これらはいずれも携帯電話・PHS間でのメールのみが可能なものであり、本サービスは携帯電話と一般のインターネットメールとのメール送受信が可能なサービスとして当時画期的なサービスだった。

当時の携帯電話の通信料は16秒10円程度であったが、当時の通信事情では16秒間以内に携帯電話をパソコン等とつなぎ、ISPに接続し認証を行い、メールサーバを確認し、メールをダウンロードするのは不可能であった。特に認証を行う際の時間が最大の難関になっていた。そこで携帯電話の発信者番号通知を元に、携帯電話がアクセスポイントに着信する前に仮の認証を行い、その後着信をさせ、通常よりも認証の時間を短くするとともに、メールの送受信もセッションが張られる前にサーバ側で準備することにより、12秒以内に2Kバイト(1000文字分)のメールのやりとりができるようになった。

サービス開始当初はパソコンとNTTドコモデータ通信カードを使って行っていたが、その後モバイルZやポケットボードといった安価なメール端末の登場により、ヒットにつながった。

現在ではiモードスマートフォンのように、携帯電話端末だけでメールのやりとりができるようになったこともあり、2008年(平成20年)2月にサービスが終了した。また法人向けの同様なサービスの機能を載せたMMQUBEといった商品も開発された。

10円メール端末[編集]

  • ポケットボードシリーズ(ドコモむけOEM品として発売された端末)
    • ポケットボード(シチズン製)
    • ポケットボードPure(同上)
    • ポケットボードPLUS(シャープ製)
    • ポケットボードパレ(シチズン製)
  • パクティー(シチズン製のドコモむけOEM品)
  • ピーターパン(松下通信工業製のドコモむけOEM品)
  • ディアロ(東芝製)
  • モエムD(三菱電機製)
  • モバイルギアシリーズ(NEC製)
  • シグマリオンシリーズ(NEC製モバイルギアのドコモむけOEM品)
  • ブラウザボード(シャープ製コミュニケーションパルのドコモむけOEM品)
  • カラーブラウザボード(セイコー製のドコモむけOEM品)
  • DataScope for DoCoMo(京セラ製)
  • リブレットモバイルパック(東芝製)
  • モバイルZ(シャープ製ザウルスのドコモむけOEM品)
  • 1998年(平成10年)以降に発売されたザウルス(接続ソフトがプリインストールされた機種)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]